コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

篠栗町 ささぐり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

篠栗〔町〕
ささぐり

福岡県北西部,福岡平野の東部から三郡山地西斜面にある町。 1927年町制。 1955年勢門 (せと) 村と合体。中心地区の篠栗は篠栗川の谷口集落,宿場町として発展。粕屋炭田炭鉱町として栄えたが,約 10鉱あった炭鉱が 1962年までにすべて閉山した。現在は低地の農業が主産業で,山地ではタケノコが特産。地域振興整備公団 (→中小企業基盤整備機構 ) による工場誘致や福岡市の発展に伴う住宅地化が著しい。東部に新四国八十八ヵ所の篠栗霊場,若杉山,桜の名所の七曲り (新吉野) などがあり,福岡市近郊の信仰,レクリエーション地となっている。 JR篠栗線,国道 201号線が通り,町域の西に九州自動車道の福岡インターチェンジがある。面積 38.93km2。人口 3万1210(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

篠栗町の関連キーワード福岡県糟屋郡篠栗町津波黒福岡県糟屋郡篠栗町内住福岡県糟屋郡篠栗町田中福岡県糟屋郡篠栗町乙犬福岡県糟屋郡篠栗町和田福岡県糟屋郡篠栗町若杉福岡県糟屋郡篠栗町篠栗福岡県糟屋郡篠栗町高田福岡県糟屋郡篠栗町尾仲福岡県糟屋郡篠栗町萩尾福岡県糟屋郡篠栗町金出協立エアテック篠栗町の要覧福岡県糟屋郡篠栗(町)金剛頂院表粕屋高田田中内住

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

篠栗町の関連情報