コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

筑豊本線 ちくほうほんせん

7件 の用語解説(筑豊本線の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

筑豊本線
ちくほうほんせん

福岡県北部,筑豊炭田を縦貫する鉄道。 JR九州。若松 (北九州市) -原田 (福岡県) 間 66.1km。若松-飯塚間は筑豊興業鉄道会社が建設,1893年開通。飯塚-桂川間は九州鉄道会社により建設,1901年開通。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちくほう‐ほんせん【筑豊本線】

若松(北九州市)から折尾・直方(のおがた)飯塚を経て鹿児島本線原田(はるだ)(筑紫野市)に至るJR線。石炭積み出し港の若松と直方とを結ぶ鉄道が明治24年(1891)開業し、昭和4年(1929)原田まで延長。全長66.1キロ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

筑豊本線【ちくほうほんせん】

若松〜飯塚〜原田(はるだ)間のJR線。営業キロ66.1km。筑豊炭田の石炭積出しを目的として,筑豊興業鉄道により1893年若松〜飯塚間全通,のち九州鉄道により長尾(現在の上穂波)まで延長,1907年国有化された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

筑豊本線

JR九州が運行する鉄道路線。福岡県北九州市の若松駅から筑紫野市の原田駅を結ぶ。若松駅~折尾駅間は「若松線」、折尾駅~桂川(けいせん)駅(嘉穂郡桂川町)間は「福北ゆたか線」、桂川駅~原田(はるだ)駅間は「原田線」とも呼ばれる

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ちくほうほんせん【筑豊本線】

北九州市若松駅を起点とし,直方(のおがた)市,飯塚市を経て鹿児島本線原田(はるだ)駅(福岡県筑紫野(ちくしの)市)に至る66.1kmのJR九州の営業線。筑豊地区から産出する石炭の搬出を目的として筑豊興業鉄道会社の手によって建設され,1891年8月まず若松~直方間が開業,93年7月に飯塚まで開業した。その後同線は下山田まで延長開業し,97年4月に九州鉄道会社と合併,1901年飯塚~桂川(けいせん)間が開通した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ちくほうほんせん【筑豊本線】

JR 九州の鉄道線。福岡県若松・直方・原田間、66.1キロメートル。かつては石炭輸送線として繁栄した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

筑豊本線
ちくほうほんせん

福岡県内を走る九州旅客鉄道の線路名称。若松―飯塚(いいづか)―原田(はるだ)間66.1キロメートル。若松―飯塚間が複線化、折尾―桂川間34.5キロメートルが交流電化。遠賀(おんが)川の流域に多数分布していたかつての炭鉱都市を連ねて走り、三郡(みぐり)山地を冷水(ひやみず)トンネル(長さ3286メートル)で抜けて筑紫(つくし)平野に結ぶ。筑豊炭田の運炭鉄道として、筑豊興業鉄道(のち筑豊鉄道)によって1891~1893年(明治24~26)若松―飯塚間が開業し、同鉄道が1897年九州鉄道に合併されたのち、1901年(明治34)飯塚―長尾(現、桂川(けいせん))間が開業した。1907年国有化され、1909年に若松―飯塚―上山田(かみやまだ)間を筑豊本線、飯塚―長尾間を長尾線としたが、長尾線が延長され、1928~1929年(昭和3~4)に長尾―原田間が全通するに及んで、若松―飯塚―原田間を筑豊本線とし、飯塚―上山田間を分離して上山田線(1988年廃止)とした。かつては沿線にあった多数の炭鉱から若松港への石炭輸送でにぎわい、多数の支線と接続し、直方(のおがた)、飯塚などの炭鉱都市が繁栄したが、炭鉱の消滅とともにこの線の需要も急速に減退した。1987年、日本国有鉄道の分割民営化により、九州旅客鉄道に所属。他線を含めた黒崎―桂川―博多間に「福北(ふくほく)ゆたか線」、若松―折尾間に「若松線」、桂川―原田間に「原田線」の愛称がそれぞれある。[青木栄一・青木 亮]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

筑豊本線の関連キーワード福岡県北九州市若松区有毛福岡県北九州市若松区安瀬福岡県北九州市若松区安屋福岡県北九州市若松区今光福岡県北九州市若松区小竹福岡県北九州市若松区小敷福岡県北九州市若松区竹並福岡県北九州市若松区浜町福岡県北九州市若松区原町福岡県北九州市若松区本町

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

筑豊本線の関連情報