コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米びつ(米櫃) こめびつ

1件 の用語解説(米びつ(米櫃)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こめびつ【米びつ(米櫃)】

食用の米を入れる容器。木櫃,甕,樽,桶などの容器が使われ,食糧を意味する各種の名称と使用されている容器名との組合せによる多数の呼名がある。このうち最も広く分布している呼称はリョウビツ,リョウマイビツなど粮米櫃の系統で,東北,中国,四国,九州の各地方で使用されている。近畿地方のゲブツ,ゲビツ,東北・北陸地方のケシネビツは,雑穀を意味するケシネから出た言葉で,この地方の民衆の主食が雑穀であったことを推測させる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

米びつ(米櫃)の関連キーワード茶入れ水瓶タバコ入れ肉池湯零し容器餌壺わたしバッカン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone