コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米州自由貿易圏 べいしゅうじゆうぼうえきけん Free Trade Area of the Americas;FTAA

3件 の用語解説(米州自由貿易圏の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

米州自由貿易圏
べいしゅうじゆうぼうえきけん
Free Trade Area of the Americas;FTAA

投資の障壁を撤廃することによって南北アメリカ全域にわたって成立する自由貿易圏。この構想は 1990年 G.H.W.ブッシュ米大統領が中南米諸国に対する支援策として同地域に自由貿易地域を成立させることを提唱したことに始まる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

米州自由貿易圏【べいしゅうじゆうぼうえきけん】

アメリカ自由貿易圏

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

米州自由貿易圏
べいしゅうじゆうぼうえきけん
Free Trade Area of the Americas

米州全体の経済統合を目ざす貿易圏構想。略称FTAA。1998年4月18日~19日、チリのサンティアゴ開かれた米州34か国首脳会議米州サミットキューバカストロ政権を除く)で、2005年のFTAA創設を目ざして交渉を開始することが本決まりとなった。FTAA創設は1994年の米州サミットで合意をみたが、二国間交渉方式を主張するアメリカと、アメリカ主導の北米自由貿易協定NAFTA(ナフタ))に取り込まれることを警戒し、既存の地域的自由貿易圏を基盤とする相互取決めで南北アメリカ全体の自由貿易圏創設を目ざす中南米との対立で交渉のスタートが遅れていた。1997年夏の東南アジアの金融危機に始まる世界経済の先行き不安で、米州を一丸とする自由貿易圏創設の緊要性が認識され、二国間・多国間両様の方式での交渉開始が決定したのである。しかし、交渉分野によっては各国の意見の相違が大きく、2004年2月の貿易交渉委員会を最後に交渉は停止し、以降は消滅状態となっている。[高橋 正]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

米州自由貿易圏の関連キーワード日豪EPA自由化門戸開放経済統合協定FTA(Free Trade Agreement)新規参入の脅威ガモフの障壁フリープラン方式TPP交渉と関税撤廃株式投資の三原則

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone