コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粗放農業 そほうのうぎょうextensive agriculture

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

粗放農業
そほうのうぎょう
extensive agriculture

単位面積あたりの土地に対する投下資本,投下労働力が少く,土地の生産性や利用率が低い農業をいい,集約農業に対する。カナダ,アメリカ,アルゼンチンオーストラリア,旧ソ連などでみられる機械化された大農法によるものと,熱帯,亜熱帯のアフリカ,南アメリカ,アジアなどの低開発地帯の原始農業によるもの,さらに乾燥地帯やサバナでの粗放的牧畜などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

そほう‐のうぎょう〔ソハウノウゲフ〕【粗放農業】

自然力の働きを主とし、資本や労働力を加えることの少ない農業。⇔集約農業

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

粗放農業【そほうのうぎょう】

単位耕地面積当りの資本や労働力の投下量が僅少で,自然の力にまかせる農業経営。気象条件,立地条件など自然環境に農作物の生産が左右されるので,安定性が少ない。低生産地や土地の広い地域で行われる農法。→集約農業
→関連項目農業

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

そほうのうぎょう【粗放農業】

単位面積あたりの土地に資本や労力を多く投下せず、自然の力にまかせて営む農業。 ⇔ 集約農業

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

粗放農業
そほうのうぎょう

単位面積当りの資本と労働の投下量が比較的少ない農業をいい、このように農業経営の集約度を低くすることを、農業集約化に対して、農業粗放化という。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android