コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粗放農業 そほうのうぎょうextensive agriculture

5件 の用語解説(粗放農業の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

粗放農業
そほうのうぎょう
extensive agriculture

単位面積あたりの土地に対する投下資本,投下労働力が少く,土地の生産性や利用率が低い農業をいい,集約農業に対する。カナダアメリカアルゼンチンオーストラリア,旧ソ連などでみられる機械化された大農法によるものと,熱帯,亜熱帯アフリカ南アメリカアジアなどの低開発地帯の原始農業によるもの,さらに乾燥地帯サバナでの粗放的牧畜などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

粗放農業【そほうのうぎょう】

単位耕地面積当りの資本や労働力の投下量が僅少で,自然の力にまかせる農業経営。気象条件,立地条件など自然環境に農作物の生産が左右されるので,安定性が少ない。低生産地や土地の広い地域で行われる農法。
→関連項目農業

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

粗放農業
そほうのうぎょう

単位面積当りの資本と労働の投下量が比較的少ない農業をいい、このように農業経営の集約度を低くすることを、農業集約化に対して、農業粗放化という。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone