コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

転化糖 てんかとうinvert sugar

翻訳|invert sugar

6件 の用語解説(転化糖の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

転化糖
てんかとう
invert sugar

ショ糖の加水分解を転化と呼び,ショ糖の転化によってできるグルコースフルクトースの等量混合物のことを転化糖という。右旋性のショ糖を加水分解すると,生じるフルクトースの左旋性のほうがグルコースの右旋性より強いので,混合物の旋光度は左旋性となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

てんか‐とう〔テンクワタウ〕【転化糖】

転化2によって得られる、ぶどう糖と果糖との等量混合物。甘味が強く、吸収されやすい。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

転化糖【てんかとう】

転化

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

てんかとう【転化糖 invert sugar】

ショ糖を酸あるいは酵素を用いて加水分解して得られるブドウ糖と果糖が1対1に含まれる糖。ショ糖は,ブドウ糖と果糖が1分子ずつ結合してできているが,この結合は,酸や酵素(インベルターゼ)によって容易に分解されて,ショ糖1分子からブドウ糖,果糖が1分子ずつ生成する。この反応を転化と呼び,得られる糖が転化糖である。転化糖は甘みが強くショ糖の1.2~1.3倍あり,また吸湿性があり砂糖の結晶化を妨げる性質をもっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

てんかとう【転化糖】

スクロース(ショ糖)を希酸あるいはインベルターゼにより加水分解して得られる D -グルコース(ブドウ糖)と D -フルクトース(果糖)との等モル混合物。スクロースよりも消化吸収がよいため、菓子・食品に用いられる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

転化糖の関連情報