コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

糸印 イトイン

デジタル大辞泉の解説

いと‐いん【糸印】

室町時代、明から輸入した生糸の荷に添えて送られてきた鋳銅製の印章斤量を検査し、これで押した受領証書を送り返した。形は方形円形・五角形などがあり、つまみは人物や動物の形をしている。形状字体ともに風雅に富む。

いと‐じるし【糸印】

裁縫で、布地の縫い目の目印として、糸を縫いつけたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

いといん【糸印】

糸に関係する印章の意。15世紀に中国明から輸入する生糸は,1斤につき1個の印を添えて送られ,着荷の際に斤量を検査して,その受領証にこの糸印をおして先方へ返送し取引の証とした。この際に印章は先方へは返さずに荷受人の手もとにとどめたのでその数も多く,不用品となって世間に散らばった。明の鋳銅印で,印形として(ちゆう)(つまみ)があり,獅子,竜,虎,猿,犬などの怪獣類や人物が鈕にかたどられ,印面も円形,方形その他多様であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いといん【糸印】

室町時代から江戸初期にかけて、中国の明から輸入した生糸一斤ごとに添えられた銅印。この印を押したものを取引証として返送した。各種の形があり、つまみに人物・動物などが彫刻されており、風雅な趣があるため文人に愛好された。

いとじるし【糸印】

裁縫で、糸でつけた印。へらやルレットの使えない布に用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

糸印
いといん

(みん)からの輸入生糸(きいと)1斤(きん)ごとに付した銅印。室町時代、日明貿易によってわが国は中国から多量の生糸を輸入したが、輸入生糸には1斤(600グラム)につき1個の印を添付してあり、荷物到着後、斤量を検査し、異状なく受領したときは受領証にこの印を押捺(おうなつ)して荷主に返送した。このとき印章は先方に返さず荷受人の手元に残した。これらの印は鋳銅印でかならず鈕(ちゅう)があり、鈕には竜、獅子(しし)などのほか、犬、猿などの動物や人物などさまざまの形のものがある。印面の形態も円形、方形など各種のものがあり、印文も文字の判読できるもの、単なる図形状のものなどさまざまである。
 精巧なものではないが雅趣に富むものが多かったので、後世好事家の愛玩(あいがん)用として利用された。著名人の使用したものとしては、豊臣(とよとみ)秀吉が印判状に使用した円形印がこの糸印であるとされている。[村井益男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android