紀国屋文左衛門(読み)きのくにやぶんざえもん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

紀国屋文左衛門
きのくにやぶんざえもん

[生]寛文9(1669).紀州
[没]享保19(1734).4.24. 江戸
江戸時代,元禄期 (1688~1704) に活躍した商人。姓は五十嵐。紀州加田浦の人とも熊野の人ともいう。みかんを荒天をついて紀州から江戸へ回漕し一躍巨富を得,また江戸八丁堀で材木屋を営み,江戸の大火には木曾の材木を買占めて急送し財をなしたといわれる。当時から文学,演劇の好個の題材となったが,伝説化された部分も多く,その経歴や事績も正確に判明しない。またその散財の豪勢さも「紀文大尽」の名とともに宣伝されたが,晩年には家産も傾き江戸深川富岡八幡の近くに隠棲し,千山と号して文筆,絵画などに親しみ余生をおくったという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きのくにや‐ぶんざえもん ‥ブンザヱモン【紀国屋文左衛門】

江戸前期の商人。姓、五十嵐。幼名は文吉。俳号、千山。紀伊の人。紀州みかんを海路江戸へ運んで巨富を築き、のち材木問屋を開いて幕府の御用商人となる。ぜいたくな生活にふけって紀文大尽と称されたのは二代目であるともいわれ、伝説化された話が多い。享保一九年(一七三四)没。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android