コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紀国屋文左衛門 きのくにやぶんざえもん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

紀国屋文左衛門
きのくにやぶんざえもん

[生]寛文9(1669).紀州
[没]享保19(1734).4.24. 江戸
江戸時代,元禄期 (1688~1704) に活躍した商人。姓は五十嵐。紀州加田浦の人とも熊野の人ともいう。みかんを荒天をついて紀州から江戸へ回漕し一躍巨富を得,また江戸八丁堀で材木屋を営み,江戸の大火には木曾の材木を買占めて急送し財をなしたといわれる。当時から文学,演劇の好個の題材となったが,伝説化された部分も多く,その経歴や事績も正確に判明しない。またその散財の豪勢さも「紀文大尽」の名とともに宣伝されたが,晩年には家産も傾き江戸深川富岡八幡の近くに隠棲し,千山と号して文筆,絵画などに親しみ余生をおくったという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

きのくにや‐ぶんざえもん〔‐ブンザヱモン〕【紀国屋文左衛門】

[?~1734]江戸中期の豪商本姓五十嵐紀伊の人。世に紀文と称せられる。嵐を冒して江戸にみかんを輸送したり、江戸の大火の際に材木を買い占めたりして巨富を築いたが、晩年は零落したという。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きのくにやぶんざえもん【紀国屋文左衛門】

?~1734) 江戸中期の富商。通称、紀文。紀伊の人。材木問屋を営み、江戸大火の際の材木買い占めや、紀州蜜柑みかんの江戸輸送で巨利を得たという。豪遊して紀文大尽ともいわれ、伝説化された話が多い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

紀国屋文左衛門の関連キーワード奈良屋茂左衛門(1代目)豊年斎 梅坊主奈良屋茂左衛門深川八幡祭り湯浅(町)広沢 虎若紀伊国屋材木問屋寺町百庵材木屋湯浅町富商巨利下津享保木曾荒天片名事績