コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

細網組織 さいもうそしきreticular tissue

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

細網組織
さいもうそしき
reticular tissue

脾臓,リンパ節,骨髄などの造血組織胸腺などにみられる結合組織の一種。細網内皮系の主要部分である。基本細胞は,表面に銀好性の細網線維をもつ細網細胞で,長い突起があり,互いに網状に結合しており,その網目の間にはリンパ球を主とする各種の血球をつくる芽細胞が充満している。細網細胞は食作用を営むばかりでなく,異物に対しては抗体をつくる。感染に際して急速に数が増加し,脾臓リンパ節を肥大させる。このとき,一部の細胞は遊走性を示し,感染局所に現れる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

細網組織【さいもうそしき】

主としてリンパ節,脾(ひ)臓・骨髄などの造血器官,血管の周囲,腺の内部などに存在する結合組織の一種で,それらの臓器の骨組みをなす。細網細胞という星状の細胞が,突起部分で互いに連なって細かい繊維の網をつくり,その網の目にリンパ球,白血球その他の自由結合組織細胞が入っている。この繊維は酸などに対する抵抗性が強く,硝酸銀溶液によく染まる好銀性をもち,細網繊維または格子状繊維と呼ばれる。
→関連項目炎症細網内皮系

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さいもうそしき【細網組織 reticular tissue】

細網繊維reticular fiberが網を形成し,網目に細網細胞reticulum cellその他の結合組織細胞が散在し,基質と組織液が存する組織をいう。リンパ節,脾臓,肝臓の洞様毛細血管の外側(ディッセ腔Disse space),骨髄などがこれに属する。細網繊維は膠原繊維(こうげんせんい)のとくに細いもので銀に染まる。上述の器官を渡銀染色すると細網繊維の網をみることができる。細胞成分として種々の結合組織細胞がみられるが,共通なものは細網繊維を作ったと考えられる細網細胞である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

細網組織の関連キーワード脂肪組織

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android