コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

細見綾子 ほそみ あやこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

細見綾子 ほそみ-あやこ

1907-1997 昭和-平成時代の俳人。
明治40年3月31日生まれ。昭和4年松瀬青々の「倦鳥(けんちょう)」に入会。21年「風」創刊に同人として参加し,翌年主宰の沢木欣一と結婚。50年「伎芸天」で芸術選奨,54年「曼陀羅(まんだら)」で蛇笏(だこつ)賞。感性の美しさ,情感の豊かさに特色があった。平成9年9月6日死去。90歳。兵庫県出身。日本女子大卒。
【格言など】野の花にまじるさびしさ吾亦紅(われもこう)(「倦鳥」の初入選作)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

細見綾子
ほそみあやこ
(1907―1997)

俳人。兵庫県生まれ。日本女子大学卒業後結婚するが夫病没。郷里で肋膜(ろくまく)炎を病む。医師の勧めで作句。1929年(昭和4)より松瀬青々(せいせい)に師事、『倦鳥(けんちょう)』に投句。37年青々死去。42年第一句集『桃は八重(やえ)』刊行。46年(昭和21)『風』創刊、同人となる。翌年同誌の沢木欣一(きんいち)と結婚。以後『冬薔薇(ふゆそうび)』(1952)で茅舎(ぼうしゃ)賞、『伎芸天(ぎげいてん)』(1975)で芸術選奨文部大臣賞、『曼陀羅(まんだら)』(1979)で蛇笏(だこつ)賞を得た。平淡典雅の作風で、女流の第一人者であった。[平井照敏]
 女身仏に春剥落(はくらく)のつづきをり
『『細見綾子全句集』(1979・立風書房) ▽沢木欣一著『細見綾子俳句鑑賞』(1992・東京新聞出版局) ▽細見綾子著『武蔵野歳時記』(1996・東京新聞出版局)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

細見綾子の関連キーワード3月31日細見 綾子沢木 欣一松瀬青々季語

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android