コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

経済発展の理論 けいざいはってんのりろんTheorie der Wirtschaftlichen Entwicklung

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

経済発展の理論
けいざいはってんのりろん
Theorie der Wirtschaftlichen Entwicklung

J.A.シュンペーターの主著の一つ。 1912年刊行。 08年に公刊された『理論経済学の本質と主要内容』でワルラス体系に依拠していたシュンペーターが,本書ではワルラス体系では説くことができない経済の動学的現象を説明しようと試みた。シュンペーターは,新しい生産物の生産や異なった手法による生産物の生産を「新結合」と呼び,こうした職能を果すのが企業家にほかならないとした。本書で展開されている議論は,狭義の意味での経済理論をこえており,社会学の分野にまで及んでいるといえる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けいざいはってんのりろん【経済発展の理論 Theorie der wirtschaftlichen Entwicklung】

J.A.シュンペーターの主著。第1版1912年,第2版26年刊。シュンペーターは,当時,方法も対象も未確定であった経済動学の理論を建設するために,まず〈経済静学〉の純粋理論の本質とその限界の吟味から出発した(《理論経済学の本質と主要内容》1908)。次いで彼は本書において,静学から駆逐された動学的問題群のうち,さしあたり理論的に処理しうるものとして〈企業者利潤,資本,信用,利子および景気の回転〉を取り上げ,発展過程において初めてその本領を発揮するこれらの現象の本質を解明した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の経済発展の理論の言及

【シュンペーター】より

…ウィーン大学では法学と経済学とを学び,法学の学位取得後も経済学の研究をつづけた。弁護士としてカイロに滞在中《理論経済学の本質と主要内容Das Wesen und der Hauptinhalt der theoretischen Nationalökonomie》(1908)を発表,次いで《経済発展の理論》(1912),《学説および方法の諸段階》(1914)と,31歳までに偉大な三部作を完成して,学界に確固たる地位を築いた。1909年ツェルノビッツ大学教授,11年グラーツ大学教授となったが,母校ウィーン大学は彼を迎えることを拒んだ。…

※「経済発展の理論」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

経済発展の理論の関連キーワードジョセフアロイ・A. シュンペーター経済静学・経済動学貨幣的景気理論東畑 精一経済哲学経済成長西川潤