コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

結う ユウ

2件 の用語解説(結うの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ゆ・う〔ゆふ〕【結う】

[動ワ五(ハ四)]
縄やひもなどで縛る。むすぶ。「帯を―・う」
髪を整えて結ぶ。「桃割れを―・う」「ちょん髷(まげ)を―・う」
組み立てる。作る。
「枕づくつま屋の内にとぐら―・ひすゑてそ我(あ)が飼ふ真白斑(ましらふ)の鷹」〈・四一五四〉
つくろい縫う。
「几帳どものほころび―・ひつつ、こぼれ出でたり」〈・九〇〉
[可能]ゆえる

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ゆう【結う】

( 動五[四] )
髪をひもで結んだりして形を整える。東京語では、音便形に「いって」「いった」の形も用いられる。 「髪を-・う」 「桃割れに-・う」
糸状・ひも状の物で、くくったりして組み立てる。 「低き鉄柵をみぎひだりに-・ひし真砂路/文づかひ 鷗外
糸などでつづる。つくろう。 「几帳どものほころび-・ひつつ/枕草子 90」 「(水車ヲ)やすらかに(=無造作ニ)-・ひて参らせたりけるが/徒然 51」 「桶ヲ-・ウ/日葡」
結ぶ。しばる。結んで印とする。 「道の隈廻くまみに標しめ-・へ我が背/万葉集 115
[可能] ゆえる

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

結うの関連キーワード相伴う流離う芝打ち縛る綯う薙ぎ払う鎧う弄う耡う絡げる

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

結うの関連情報