繋ぐ(読み)ツナグ

  • ×繋ぐ
  • つな・ぐ

デジタル大辞泉の解説

《名詞「綱」の動詞化》
[動ガ五(四)]

㋐ひも・綱などで物を結びとめて、そこから離れたり、逃げたりしないようにする。「犬を―・ぐ」「鎖で―・ぐ」
㋑相手の気持ちなどが離れていかないようにする。「彼女の心を―・ぐために一芝居打つ」
一定の所に留め置いて外へ出さないようにする。拘禁したり、拘束したりする。「獄に―・がれる」
結びつけてひと続きのものにする。「車両を―・ぐ」
離れているもの、切れているものを続け合わせて一つにする。また、そのようにして通じるようにする。「手を―・ぐ」「電話を―・ぐ」
なんとか長く、切れないようにたもたせる。たえないようにする。「望みを―・ぐ」「命を―・ぐ」「座を―・ぐ」
足跡などをたどって行方を追い求める。
「射ゆ鹿(しし)を―・ぐ川辺のにこ草の」〈・三八七四〉
[可能]つなげる
[動ガ下二]つなげる」の文語形。
[補説]書名別項。→ツナグ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

繋ぐの関連情報