コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

繋ぐ(読み)ツナグ

デジタル大辞泉の解説

つな・ぐ【×繋ぐ】

《名詞「綱」の動詞化》
[動ガ五(四)]

㋐ひも・綱などで物を結びとめて、そこから離れたり、逃げたりしないようにする。「犬を―・ぐ」「鎖で―・ぐ」
㋑相手の気持ちなどが離れていかないようにする。「彼女の心を―・ぐために一芝居打つ」
一定の所に留め置いて外へ出さないようにする。拘禁したり、拘束したりする。「獄に―・がれる」
結びつけてひと続きのものにする。「車両を―・ぐ」
離れているもの、切れているものを続け合わせて一つにする。また、そのようにして通じるようにする。「手を―・ぐ」「電話を―・ぐ」
なんとか長く、切れないようにたもたせる。たえないようにする。「望みを―・ぐ」「命を―・ぐ」「座を―・ぐ」
足跡などをたどって行方を追い求める。
「射ゆ鹿(しし)を―・ぐ川辺のにこ草の」〈・三八七四〉
[可能]つなげる
[動ガ下二]つなげる」の文語形
[補説]書名別項。→ツナグ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

繋ぐの関連情報