コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

結ぶ ムスブ

1件 の用語解説(結ぶの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

むす・ぶ【結ぶ】

[動バ五(四)]
ひもなど、細長いものを組んでつなぐ。また、結び目をつくる。「髪を―・ぶ」「包帯を―・ぶ」
手の指をからませるなどして形をつくる。
㋐(ふつう「掬ぶ」と書く)手のひらを組み合わせて水をすくう。
「花を採り水を―・んでは」〈露伴・二日物語〉
㋑仏教で、手の指でさまざまの形をつくる。「印(いん)を―・ぶ」
開いたものを閉じる。「口をへの字に―・ぶ」「手を―・んだり開いたりする」
互いに関係をつくる。
㋐交わりを緊密にする。「親交を―・ぶ」「縁を―・ぶ」
㋑同じ考えの者どうしが一緒になる。組む。「強い勢力と―・ぶ」「同盟を―・ぶ」
㋒互いに約束する。「条約を―・ぶ」「契りを―・ぶ」
二つの地点をつなぐ。連絡する。「本州と四国とを―・ぶ橋」「東京と北京とを四時間で―・ぶ空路」
まとめて形にする。また、まとまって形になる。
㋐植物が実をつくる。結実する。みのる。「ぶどうがたわわに―・ぶ」
㋑空中の水分などが固まる。結露する。「ハスの葉に露が―・ぶ」
㋒結果が出る。「努力が実を―・ぶ」
建物を構える。「庵(いおり)を―・ぶ」
文章などを終わりにする。締めくくる。「話を―・ぶ」
係り結びで、文末の活用語を、上の係助詞に応じた活用形とする。「こそ」を受けて已然形とする類。
10 誓いや願いを込めて、草や木の枝の端などをつなぎ合わせる。
「君が代も我が代も知るや磐代(いはしろ)の岡の草根をいざ―・びてな」〈・一〇〉
[可能]むすべる
[下接句]縁を結ぶ同じ流れを掬(むす)ぶ局(きょく)を結ぶ草を結ぶ口を結ぶ綬(じゅ)を結ぶ契りを結ぶ手を結ぶ実を結ぶ夢を結ぶ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

結ぶの関連キーワード居並ぶ細長い群れ飛ぶ押並ぶ思い浮ぶ立並ぶ尊ぶ吹飛ぶ滅ぶ持運ぶ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

結ぶの関連情報