コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

継ぐ/続ぐ ツグ

デジタル大辞泉の解説

つ・ぐ【継ぐ/続ぐ】

[動ガ五(四)]
(「嗣ぐ」とも書く)前の者のあとを受けて、その仕事・精神・地位などを引き続いて行う。続けてする。相続する。継承する。「家業を―・ぐ」「王位を―・ぐ」「父の志を―・ぐ」
(「接ぐ」とも書く)
㋐ばらばらになっているもの、連続していないものをつなぎ合わせる。くっつける。「骨を―・ぐ」「破片を―・いで復元する」
㋑つぎ木をする。「ノバラにバラを―・ぐ」
衣服の、破れたりいたんだりした箇所につぎを当てて直す。つくろう。「靴下の破れを―・ぐ」
絶えないように前からあるものに加え補う。補給する。「炭を―・ぐ」「息を―・ぐ」
囲碁で、切れそうな所に石を置いて補強する。相手に切断されないよう自分の石をつなぐ手を指す。
「切る」の忌み詞
「一の刀にて魚頭を―・ぎ」〈虎明狂・鱸庖丁
[可能]つげる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

継ぐ/続ぐの関連キーワード改革派教会ヒューム管起請継ぎ総領息子坂東蓑助命を繫ぐ姓を冒す塵に継ぐ跡を取る松平斉民皇位継承家継ぎ雲谷派総領孫継立て申次ぐ皇太弟跡取り世取り皇太孫