コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

継ぐ/続ぐ ツグ

1件 の用語解説(継ぐ/続ぐの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

つ・ぐ【継ぐ/続ぐ】

[動ガ五(四)]
(「嗣ぐ」とも書く)前の者のあとを受けて、その仕事・精神・地位などを引き続いて行う。続けてする。相続する。継承する。「家業を―・ぐ」「王位を―・ぐ」「父の志を―・ぐ」
(「接ぐ」とも書く)
㋐ばらばらになっているもの、連続していないものをつなぎ合わせる。くっつける。「骨を―・ぐ」「破片を―・いで復元する」
㋑つぎ木をする。「ノバラにバラを―・ぐ」
衣服の、破れたりいたんだりした箇所につぎを当てて直す。つくろう。「靴下の破れを―・ぐ」
絶えないように前からあるものに加え補う。補給する。「炭を―・ぐ」「息を―・ぐ」
囲碁で、切れそうな所に石を置いて補強する。相手に切断されないよう自分の石をつなぐ手を指す。
「切る」の忌み詞
「一の刀にて魚頭を―・ぎ」〈虎明狂・鱸庖丁
[可能]つげる

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone