コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

絶対反応速度論 ぜったいはんのうそくどろんtheory of absolute reaction rate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

絶対反応速度論
ぜったいはんのうそくどろん
theory of absolute reaction rate

統計力学的な方法で反応物の構造から反応速度の絶対値を求めようとする理論。遷移状態理論ともいう。おもに H.アイリングがこの理論を発展させた。反応物から生成物へいたる途中の段階にポテンシャルエネルギー極大の状態が必ず存在すると仮定する。このポテンシャルエネルギー極大の状態を遷移状態,このとき存在する反応途中の中間生成物活性錯体という。絶対反応速度論は,反応速度がこの活性錯体の濃度と生成物へ向けて分解する速度とに比例するとして,反応速度を求める理論である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の絶対反応速度論の言及

【反応速度】より

…最も高い活性化エネルギーをもつ素反応段階が律速段階となり,全体の反応速度を定める。この方法を遷移状態理論あるいは絶対反応速度論という。反応速度を理論的に予測する方法として,このほかに,反応経路のエネルギー面上を与えられたエネルギーをもつ反応分子が登っていく様子を,力学の法則を用いて直接算出して求める分子力学の方法がある。…

※「絶対反応速度論」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone