綱館(読み)つなやかた

  • (通称)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長唄の曲名。正式には『渡辺綱館之』。明治2 (1869) 年開曲。作曲3世杵屋勘五郎茨木童子伯母に化けて渡辺の館をたずね,羅生門で斬取られたを奪い返すという劇的な内容をもった演奏会用長唄。豪快な大薩摩曲節を十分に取入れながらも適当に柔らかをもった変化に富んだ名曲

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

長唄の曲名。1741年(寛保1)江戸中村座の《潤清和源氏(うるおうせいわげんじ)》のなかで演じられた大薩摩節(おおざつまぶし)の正本に,1869年(明治2)3世杵屋(きねや)勘五郎(11代杵屋六左衛門)が作曲したもの。羅生門で鬼の腕を切り取った渡辺綱の家に,鬼が綱のおばに姿をかえてあらわれ,腕を取り返すという筋である。【長尾 一雄】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

長唄(ながうた)の曲名。正しくは「渡辺綱館(わたなべのつなやかた)の段」。1869年(明治2)3世杵屋(きねや)勘五郎が、1741年(寛保1)江戸・中村座の初演以来埋もれていた『兵四阿屋造(つわものあずまやづくり)』の詞章に手を入れ、節付けをし復活した作品。演奏会用の作品で、渡辺綱に腕を切り取られた羅生門の鬼(茨木(いばらき)童子)が、綱の叔母に姿を変えて物忌み中の綱の館を訪ね、腕を取り返す話。全曲本調子、随所に大薩摩(おおざつま)の手法を取り入れ、劇的な音楽構成となっている。

[茂手木潔子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

長唄。本調子。明治二年(一八六九)杵屋勘五郎作曲。歌詞は寛保元年(一七四一)上演以来忘れられていた「兵四阿屋造(つわものあずまやづくり)」の台本の訂正。本名題「渡辺綱館の段(わたなべのつなやかたのだん)」。片腕を切り取られた茨木(いばらき)童子が、渡辺綱のおばに化けて綱の館を訪れ、腕を奪い返す。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典の解説

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
兵四阿屋造
初演
寛保1.7(江戸・中村座)

出典 日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android