コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

網膜静脈閉塞症 モウマクジョウミャクヘイソクショウ

2件 の用語解説(網膜静脈閉塞症の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

もうまくじょうみゃくへいそく‐しょう〔マウマクジヤウミヤクヘイソクシヤウ〕【網膜静脈閉塞症】

網膜静脈がつまって、眼底出血や網膜浮腫を引き起こす病気。視野が欠けたり、視力が著しく低下することが多いが、自覚症状がない場合もある。血栓溶解剤などで血栓を取り除くなどの速やかな治療が必要とされる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

網膜静脈閉塞症
もうまくじょうみゃくへいそくしょう
retinal vein occlusion

網膜の静脈に血栓が生じ、むくみ(網膜浮腫(ふしゅ))や眼底出血を伴って視力の低下をきたす疾患。略称RVO。眼底出血を伴う疾患としては糖尿病性網膜症と並んで代表的なもので、40~50歳代の中年以降に発症し、とくに60歳代以降に多くみられる。
 視神経内部の静脈に閉塞が生じる網膜中心静脈閉塞症(CRVO:central retinal vein occlusion)と、その分枝が網膜内で交差する部分の静脈が閉塞する網膜静脈分枝閉塞症(BRVO:branch retinal vein occlusion)がある。動脈硬化を原因とすることが多いため「眼の心筋梗塞(こうそく)」とよばれることもあり、網膜動脈の血管壁の肥厚と硬化のために、接している静脈が圧迫され血流が妨げられて血栓を生じる。静脈内圧が高まると静脈から網膜へと水分や血液が漏出し、網膜浮腫や眼底出血を生じる。網膜に出血が起きるとものが見えなくなり、網膜内の浮腫が光を識別する細胞が集まる黄斑(おうはん)に及ぶ(黄斑浮腫)と、像のゆがみや欠損を生じ視力の低下をきたす。治療は、静脈閉塞の際につくられる水分の排出および新生血管成長作用をもつ血管内皮細胞増殖因子(VEGF:vascular endothelial growth factor)を抑制する薬の眼内注射により、静脈から網膜への水分や血液の漏出を防ぐ。また網膜のレーザー凝固や、場合により硝子体(しょうしたい)手術なども検討される。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

網膜静脈閉塞症の関連キーワード中心性網膜炎糖尿病性網膜症網膜炎網膜症眼底黄斑下血腫太陽性網膜症カンタキサンチン網膜症大腿静脈硝子体出血

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

網膜静脈閉塞症の関連情報