綾歌(読み)あやうた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

綾歌
あやうた

香川県中部,丸亀市南東部の旧町域。飯野山南方の丸亀平野南東部にある。 1951年栗熊村と富熊村が合体して久万玉村を設置。 1959年久万玉村と岡田村が合体して町制。 2005年丸亀市,飯山町と合体し丸亀市となる。南から北に向かって,開析された溶岩台地の大高見峰北斜面,岡田下位洪積台地,大束川上流域の氾濫原からなる。電照菊は特産。灌漑用水源として小津森池,水橋池などがある。中心集落の岡田には製粉,縫製,家具などの工場がある。富熊の陣の丸古墳など古墳が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

綾歌
あやうた

香川県中西部、綾歌郡にあった旧町名(綾歌町(ちょう))。現在は丸亀市(まるがめし)の南東部を占める一地区。丸亀平野の南東部に位置する。旧綾歌町は1959年(昭和34)久万玉(くまたま)村と岡田村が合併して町制施行。郡名をとって町名とした。2005年(平成17)丸亀市に合併。低い山地と、地区の南西端を流れる土器(どき)川とその支流によって侵食された谷がつくる起伏の多い地形である。谷をせき止めた多数の溜池(ためいけ)があり、農業用水を供給する。高松と琴平(ことひら)を結ぶ琴平街道(国道32号)、高松琴平電鉄琴平線に沿う街村として集落が発展してきた。国道438号も通じる。米、麦を中心として、果樹や電照ギクなどの複合経営が盛んである。[稲田道彦]
『『綾歌町史』(1976・綾歌町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

綾歌の関連情報