コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土器川 どきがわ

5件 の用語解説(土器川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

土器川
どきがわ

香川県中部,丸亀平野東部を流れる川。全長 32km。香川県,徳島県の県境の竜王山付近を水源とし,和泉層群の砂岩,泥岩互層の山地に選択浸食によるケスタ状の谷が刻まれ,ケスタの急傾斜面の北側山腹に多くの崩壊地がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

どき‐がわ〔‐がは〕【土器川】

香川県中央部を流れる川。讚岐(さぬき)山脈の竜王山西斜面に源を発し、ほぼ北西流して、丸亀市で瀬戸内海に注ぐ。上流は峡谷、中流部の丸亀平野には多くの溜池があり、満濃(まんのう)池は水源の一部をこの川に依存している。ダムがないのが特徴の川。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

どきがわ【土器川】

香川県中央部,丸亀平野を南北に貫流する川。県下唯一の1級河川で,幹川流路延長33km,全流域面積140km2。讃岐山脈最高峰の竜王山(1060m)や大川山(1043m)から流れ出し,丸亀市で瀬戸内海に注ぐ。上流部の河谷は地質との整合性が大きく,ケツ岩,泥岩部分はやや広い盆地状を,砂岩部分は峡谷をなす。トンネルによって満濃池へも分水し,丸亀平野の灌漑用水上水道の大部分を供給している。【坂口 良昭】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔香川県〕土器川(どきがわ)


香川県西部を流れる川。讃岐(さぬき)山脈の大川(だいせん)山(標高1043m)の南東方に源を発し、北流して丸亀(まるがめ)市で瀬戸内海に注ぐ。1級河川(土器川水系)。延長33km。流域面積140km2。丸亀平野の重要な灌漑(かんがい)用水源で、中・下流域には多くの溜()め池が点在。満濃(まんのう)池に一部、分水される。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

土器川
どきがわ

香川県中部を北流する川。延長33キロメートル。流域面積140平方キロメートル。讃岐(さぬき)山脈の最高峰竜王山(1060メートル)付近に源を発し、北西流して丸亀(まるがめ)平野で瀬戸内海に流入する。至る所で伏流し、降雨時しか流れのみられない所がある。県内の主要河川では多数のダムが建設されるが、土器川流域にはない。下流部の丸亀平野には無数の溜池(ためいけ)があり、満濃(まんのう)池は水源の一部を土器川からの導水に依存している。[新見 治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

土器川の関連キーワード石鳥谷パラグアイ川丸亀平野貫流丸亀平井美術館丸亀[市]香川県丸亀市一番丁香川県丸亀市土器町東香川県丸亀市浜町香川県丸亀市港町

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

土器川の関連情報