コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

綿圃要務 めんぽようむ

3件 の用語解説(綿圃要務の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

綿圃要務
めんぽようむ

江戸時代後期の綿花栽培の技術書。2巻。大蔵永常著。天保4 (1833) 年刊。栽培技術や畿内,中国地方の栽培事情を述べている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

めんぽようむ【綿圃要務】

江戸後期の農書。大蔵永常著。1833年(天保4)刊。2巻。本書は綿の栽培全般について,とくに気候や土壌などの自然条件や収穫高を左右する品種,播種量,播種期,施肥,綿木の仕立て方などを重視する。さらに当時の日本の産地の中心地であった和泉・大和・河内の近畿や播磨・備中・備後の瀬戸内の綿作地の特色にふれ,江戸時代綿作の農書のうち最高水準の内容である。《日本農書全集》《日本思想大系》所収。【岡 光夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

綿圃要務
めんぽようむ

綿作研究書。著者は大蔵永常(おおくらながつね)。1833年(天保4)刊行。彼の18番目の著作。乾(けん)・坤(こん)二巻よりなり、表紙に「諸国綿のつくりかたを委(くわ)しく記したる書也(なり)」と書かれている。乾の巻には、ワタの解剖、分類、簡単な加工、販売、風土、気候、品種、採種、地拵(じごしら)え、種処理、肥料について述べ、坤之巻では、綿作心得、綿摘みと乾燥などに触れ、続いて、姫路、玉嶋、早嶋辺、福山辺、大坂(大鳥郡)、奈良五條(ごじょう)付近、大坂東部などの実態を細かく記載している。また「大坂の綿問屋で綿品質の善悪を論ずる」項があり、各地の綿の品質、その輸送などについて述べている。内容は具体的、実際的である。[福島要一]
『山田龍雄他編『日本農書全集15 除蝗録・農具便利論・他』(1977・農山漁村文化協会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

綿圃要務の関連キーワード大蔵虎武片山索準斎大蔵永常広益国産考農家益会津農書大蔵永季児島如水除蝗録農具揃

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone