コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

綿圃要務 めんぽようむ

世界大百科事典 第2版の解説

めんぽようむ【綿圃要務】

江戸後期の農書大蔵永常著。1833年(天保4)刊。2巻。本書は綿の栽培全般について,とくに気候や土壌などの自然条件や収穫高を左右する品種,播種量,播種期,施肥,綿木の仕立て方などを重視する。さらに当時の日本の産地の中心地であった和泉・大和・河内の近畿や播磨・備中・備後の瀬戸内の綿作地の特色にふれ,江戸時代綿作の農書のうち最高水準の内容である。《日本農書全集》《日本思想大系》所収。【岡 光夫】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

綿圃要務
めんぽようむ

綿作研究書。著者は大蔵永常(おおくらながつね)。1833年(天保4)刊行。彼の18番目の著作。乾(けん)・坤(こん)二巻よりなり、表紙に「諸国綿のつくりかたを委(くわ)しく記したる書也(なり)」と書かれている。乾の巻には、ワタの解剖、分類、簡単な加工、販売、風土、気候、品種、採種、地拵(じごしら)え、種処理、肥料について述べ、坤之巻では、綿作心得、綿摘みと乾燥などに触れ、続いて、姫路、玉嶋、早嶋辺、福山辺、大坂(大鳥郡)、奈良五條(ごじょう)付近、大坂東部などの実態を細かく記載している。また「大坂の綿問屋で綿品質の善悪を論ずる」項があり、各地の綿の品質、その輸送などについて述べている。内容は具体的、実際的である。[福島要一]
『山田龍雄他編『日本農書全集15 除蝗録・農具便利論・他』(1977・農山漁村文化協会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

綿圃要務の関連キーワードワタ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android