総合開発(読み)そうごうかいはつ(英語表記)total exploitation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

総合開発
そうごうかいはつ
total exploitation

総合的に多くの目的をもった開発をいう。アメリカ合衆国のテネシー川流域で,1933年,TVA (テネシー川流域開発公社) によって,洪水防御,水力発電,舟運灌漑用水,生活水準の向上など多くの目的をもった開発がなされてから,そのような開発を総合開発と呼ぶようになった。単一の目的をもった開発は,自然のバランスをくずし,公害を発生させる可能性が高く,それに対して総合開発では個人的な利益追求よりも社会全体の福祉を優先する考えに基づいている。なおソ連では,ボルガ川流域などでこのような開発が計画,実施され,自然改造と呼ばれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

そうごうかいはつ【総合開発】

国家的見地から国土の計画的・総合的な開発・整備を進め、産業の振興や災害の防止をはかること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

そうごう‐かいはつ ソウガフ‥【総合開発】

〘名〙 土地や資源の開発についての部門別の開発計画を国家的見地から一つの計画にまとめ、有機的な連絡の下に総合的に行なわれる開発方式。
※地方自治法(1947)二条「一、地方の総合開発計画の策定、治山治水事業」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

総合開発の関連情報