繁い(読み)シゲイ

デジタル大辞泉の解説

しげ・い【繁い】

[形][文]しげ・し[ク]
草木などが密集しているさま。「枝が―・く伸びた」
「―・き草、蓬(よもぎ)をだにかき払はむ」〈・蓬生〉
数量が多い。たくさんある。
「光冷やかに、白露は地に―・く」〈中島敦山月記
「人―・イ所」〈日葡
回数が多い。絶え間ない。「雨が―・くなる」
「昔は、牛車の行きかいの―・かった道も」〈芥川・偸盗〉
多すぎて煩わしい。うるさい。
「人言の―・くしあらば君もあれも絶えむと言ひて逢ひしものかも」〈・三一一〇〉
人家などが密集しているさま。込み合っている。
「隣―・く、とがむる里人多く侍らむに」〈・夕顔〉
[補説]現代では終止形・連体形を用いることはほとんど無く、連用形「しげく」が多く用いられる。→繁(しげ)く

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しげい【繁い】

( 形 )
〔文語形容詞「しげし」の口語形。中世後期以降用いられるようになった。現代語では連用形「しげく」はひろく用いられるが、終止・連体形「しげい」はほとんど用いられない〕
草木が密に生い茂っている。 「 - ・い植え込み」
数量や回数が多い。ひんぱんである。絶え間がない。 「ひとしきり虫の音の際立ちて-・く/うらおもて 眉山」 「人-・イトコロ/日葡」
密集している。こみあっている。 「 - ・く立ち並んだビル」
煩わしい。うるさい。 「宮仕ひは-・いもの/田植草紙」 → しげし(形ク)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android