コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

罷り出づ マカリイズ

2件 の用語解説(罷り出づの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

まかり‐い・ず〔‐いづ〕【罷り出づ】

[動ダ下二]「い(出)ず」の謙譲語で、上位者の許しを得て出る意が原義。
貴所や貴人などの所から引き下がる。退出する。
「梅壺より雨にぬれて、人の―・づるを見て」〈伊勢・一二一〉
会話に用いて、話し手側の「出る」動作を、聞き手に対しへりくだって丁重にいう。出てまいります。
「かかる仰言(おほせごと)にて、(山カラ)―・で侍りにし」〈・手習〉
[補説]狂言の名乗りで用いられる「かやうに罷り出でたるは、洛中にすまひ仕る勾当(こうとう)でござある」〈虎清狂・猿座頭〉のような例は、御免をこうむって出るの気持ちから、「出る」を改まっていう丁寧語として用いられたものとみられる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

まかりいず【罷り出づ】

( 動下二 )
「出づ」の謙譲語。貴人のもとや貴所から出る。退出する。 「人々-・でてしめやかなる夕暮なり/源氏 蜻蛉
居所を出て他へ行く意の謙譲語。出かける。出て参る。 「菓このみ・蓏くさのみを拾はんが為に山野に-・でたらん間/今昔 5
「出づ」の丁寧語。現れ出る。参上する。 「 - ・でたる者は東国に隠れもない大名です/狂言・入間川」 → 罷り出る

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

罷り出づの関連キーワード承る御願い存ずる拝する拝送罷り出る詣でるおまら・す聞こえ出づとう・ず

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone