コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

罷り出づ マカリイズ

デジタル大辞泉の解説

まかり‐い・ず〔‐いづ〕【罷り出づ】

[動ダ下二]「い(出)ず」の謙譲語で、上位者の許しを得て出る意が原義。
貴所や貴人などの所から引き下がる。退出する。
「梅壺より雨にぬれて、人の―・づるを見て」〈伊勢・一二一〉
会話に用いて、話し手側の「出る」動作を、聞き手に対しへりくだって丁重にいう。出てまいります。
「かかる仰言(おほせごと)にて、(山カラ)―・で侍りにし」〈・手習〉
[補説]狂言の名乗りで用いられる「かやうに罷り出でたるは、洛中にすまひ仕る勾当(こうとう)でござある」〈虎清狂・猿座頭〉のような例は、御免をこうむって出るの気持ちから、「出る」を改まっていう丁寧語として用いられたものとみられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まかりいず【罷り出づ】

( 動下二 )
「出づ」の謙譲語。貴人のもとや貴所から出る。退出する。 「人々-・でてしめやかなる夕暮なり/源氏 蜻蛉
居所を出て他へ行く意の謙譲語。出かける。出て参る。 「菓このみ・蓏くさのみを拾はんが為に山野に-・でたらん間/今昔 5
「出づ」の丁寧語。現れ出る。参上する。 「 - ・でたる者は東国に隠れもない大名です/狂言・入間川」 → 罷り出る

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

罷り出づの関連キーワード名乗り謙譲語狂言貴人原義貴所補説座頭洛中