コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

美濃部亮吉 みのべりょうきち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

美濃部亮吉
みのべりょうきち

[生]1904.2.5. 東京
[没]1984.12.24. 東京
経済学者。東京都知事。美濃部達吉の長男。 1927年東京大学卒業,ドイツに留学。 35年帰国,法政大学教授となる。 38年人民戦線事件辞職,45年毎日新聞論説委員,46年内閣統計委員会事務局長,52年行政管理庁統計基準局長を経て,59年東京教育大学教授。 67年4月社会,共産両党推薦で東京都知事に当選,71年4月再選。初の革新都知事として,福祉重点の施策を行い,「対話の都政」を標榜した。 72年東京で世界大都市会議を開いた。 75年都知事に3選されたが 79年4月の都知事選挙には立候補せず辞職。 80年6月の参議院選挙に全国区から立ち当選した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

みのべ‐りょうきち〔‐リヤウキチ〕【美濃部亮吉】

[1904~1984]経済学者・政治家。東京の生まれ。達吉の長男。東京教育大教授。昭和42年(1967)東京都知事に革新統一候補として当選し、福祉政策公害対策を進めた。のち、参議院議員

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

美濃部亮吉【みのべりょうきち】

経済学者,政治家。法学者美濃部達吉の子として東京に生まれる。1927年東京帝大経済学部卒。1938年法政大学教授時代に第2次人民戦線事件で恩師大内兵衛らとともに検挙され,退職。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

美濃部亮吉 みのべ-りょうきち

1904-1984 昭和時代の経済学者,政治家。
明治37年2月5日生まれ。美濃部達吉の長男。大内兵衛(ひょうえ)に師事。昭和9年法大教授となるが,人民戦線事件で退職。戦後は東京教育大教授,行政管理庁統計基準局長をつとめ,42年都知事に当選。「革新都政」を3期にない,公害対策,福祉政策をすすめたが,財政悪化にくるしんだ。55年参議院議員。昭和59年12月24日死去。80歳。東京出身。東京帝大卒。著作に「都知事12年」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

江戸・東京人物辞典の解説

美濃部亮吉

1904〜1984(明治37年〜昭和59年)【政治家】「都政の主人は都民」。 美濃部スマイルで親しまれた、革新都知事。昭和期の経済学者・政治家。東京都出身。父は天皇機関説で知られる美濃辺達吉派。東大卒。1932年法政大学教授となるが、1938年人民戦線事件で解雇。第二次大戦後は、東京教育大学教授から統計委員会事務局長などを務めた。1967年(昭和42)東京都知事に当選、以後住民との対話路線と高福祉政策で革新都政を3期12年務めた。1980年衆議院議員。

出典|財団法人まちみらい千代田江戸・東京人物辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みのべりょうきち【美濃部亮吉】

1904‐84(明治37‐昭和59)
経済学者,政治家。美濃部達吉と菊池大麓の娘多美との長男として東京に生まれる。1927年東大経済学部卒。法大教授,内閣統計委員会事務局長,教育大教授などを歴任。67年4月,恩師の大内兵衛や社会党,共産党,各種革新団体の支持を得て東京都知事に当選,79年まで3期12年間在職。平和憲法を都政に生かすことと,都民との〈対話〉により地方自治体を住民に近づけることに努めた。また都職員に〈寝た子を起こせ〉と,因襲を破り,すべてまず都民の立場から考えるよう説いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

みのべりょうきち【美濃部亮吉】

1904~1984) 経済学者・政治家。東京生まれ。東大卒。達吉の長男。1967年(昭和42)から79年東京都知事を務め、初の革新都知事として福祉政策・公害対策を推進。のち参議院議員。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

美濃部亮吉
みのべりょうきち
(1904―1984)

経済学者、東京都知事。東京生まれ。憲法学者美濃部達吉の長男。1927年(昭和2)東京帝国大学経済学部卒業後、東大助手、東京文理科大学講師を経て1932年法政大学教授。1938年人民戦線事件で大内兵衛(ひょうえ)らとともに検挙されたが6年の歳月をかけて無罪が確定した。第二次世界大戦後、1949年(昭和24)東京教育大学教授となり、1957年から1964年まで行政管理庁統計基準局長を兼任。1967年4月、革新統一候補として東京都知事に当選。史上最初の「革新都知事」として1979年まで連続3期務め、都民との対話と福祉を重視する政策を実施した。1980年6月参議院議員(全国区)となるが任期中の1984年(昭和59)12月24日、80歳で急逝した。美濃部達吉・亮吉所蔵書は兵庫県高砂(たかさご)市公民館で「美濃部親子文庫」として公開されている。[荒 敬]
『美濃部亮吉著『苦悶するデモクラシー』(1960・文芸春秋新社) ▽美濃部亮吉著『都知事12年』(1979・朝日新聞社) ▽都民党編集委員会編『市民自治への鼓動――美濃部都政を生んだ草の根の記録』(1985・八月書館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

美濃部亮吉の関連キーワード美濃部 達吉コンツェルン大内 兵衛伊藤 三郎黒田 了一縫田曄子童門冬二昭和時代田尻宗昭柴田徳衛小森 武安江良介鈴木俊一有沢広巳白木博次小森武推進

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

美濃部亮吉の関連情報