羽田孜内閣(読み)はたつとむないかく

百科事典マイペディアの解説

羽田孜内閣【はたつとむないかく】

1994年4月28日〜1994年6月30日。細川護煕(もりひろ)内閣を継承して発足した,新生党などの連立内閣。文部大臣には非議員の赤松良子を起用した。新党さきがけは閣外協力の立場をとり,羽田孜が衆議院で首相に指名された翌日に日本社会党が連立を離脱したため,少数与党政権として成立。社会党の離脱は,新生党主導のもとに社会党抜きで連立与党が新会派〈改新〉を結成したため。5月永野茂門(しげと)法相が〈南京大虐殺はでっち上げと思う〉と発言し,辞任に追い込まれる。6月連立与党と社会党の政策協議が不調に終わり,内閣不信任案が提出される見通しとなったため,羽田首相は退陣を表明,内閣総辞職。首相在任64日間は戦後2番目の短命。
→関連項目公明党村山富市村山富市内閣連立政権

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

羽田孜内閣
はたつとむないかく

(1994.4.28~6.30 平成6)
新生党の党首羽田孜を首相とした連立政権。1994年(平成6)4月28日の政権発足直後、統一会派結成に反発した社会党が連立政権を離脱したため、第二次世界大戦後5度目、第二次鳩山内閣以来39年ぶりという少数与党内閣として出発した。「改革と協調」を唱え、細川内閣からの改革路線継承を掲げたものの、政権基盤は不安定で、自由民主党が予算成立を待って内閣不信任案を提出。連立与党と社会党の政権協議も不調に終わったため、6月30日に総辞職した。在任期間63日間という戦後2番目の短命内閣であった。

[水野雅之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例