コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

細川護煕内閣 ほそかわもりひろないかく

百科事典マイペディアの解説

細川護煕内閣【ほそかわもりひろないかく】

1993年8月9日〜1994年4月28日。連立内閣。1993年7月の衆議院選挙で自由民主党が過半数を割り,この選挙で躍進した新党(日本新党新生党新党さきがけ)および日本社会党民社党公明党社会民主連合,民主改革連合の非自民,非共産の7党(8会派)が連立を組み,日本新党党首細川護煕が首班となって組閣(副総理は新生党党首羽田孜)。
→関連項目武村正義日本羽田孜羽田孜内閣連座連立政権

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

細川護煕内閣の関連キーワード小選挙区比例代表並立制ウルグアイ・ラウンド統一会派「改新」鳩山由紀夫バブル経済民主社会党自由党新進党

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android