(読み)よく

精選版 日本国語大辞典「翌」の解説

よく【翌】

〘語素〙 その次の、の意。年月など時間に関する名詞の上に付いて複合語となり、ある年月日を基準にして、暦の上で次の年月日にあたる意を表わす。「翌日」「翌朝」「翌月」「翌年」など。また、接頭語的に年月日を表わす名詞に付いて、話題になっている年月日の、その次の年(または月・日)であることを示す。
※類従本梅松論(1349頃)下「去程に翌五月廿六日兵庫を立て西宮に御陳をめされき」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「翌」の解説

よく【翌】[漢字項目]

[音]ヨク(漢)
学習漢字]6年
その次の。あくる。「翌日翌週翌春翌年翌翌日
[名のり]あきら
[難読]翌檜あすなろ

よく【翌】

[連体]その次の。日付や年月にいう。「六日」「一九九八年」
[類語]明けて明くるみょう

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android