(読み)ヨク

大辞林 第三版の解説

よく【翌】

その次、の意。年月など時に関する名詞の上に付いて複合語をつくり、ある基準になる日時の次の日時である意を表す。 事件のあった-朝 -八九年に完成した

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

よく【翌】

〘語素〙 その次の、の意。年月など時間に関する名詞の上に付いて複合語となり、ある年月日を基準にして、暦の上で次の年月日にあたる意を表わす。「翌日」「翌朝」「翌月」「翌年」など。また、接頭語的に年月日を表わす名詞に付いて、話題になっている年月日の、その次の年(または月・日)であることを示す。
※類従本梅松論(1349頃)下「去程に翌五月廿六日兵庫を立て西宮に御陳をめされき」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

翌の関連情報