習志野市(読み)ならしの

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

習志野〔市〕
ならしの

千葉県北西部,下総台地の西部にある市。 1954年津田沼町を改称して市制。中心市街地の津田沼は,近世市場町,千葉街道の宿場町として発達。明治以後陸軍の演習場があったが,第2次世界大戦後は軍施設を利用して,千葉工業大学,各種研究機関が移転。東部地区には金属機械工場も誘致されて急速に発展。東京との結びつきが強く,人口増加が著しい。東京湾岸の国道 14号線沿いには埋立て地の造成が進み,ノリ,貝の浅海養殖は消滅して住宅地になっている。 JR総武本線,京成・新京成電鉄が通り,湾岸部を JR京葉線,東関東自動車道が走る。面積 20.97km2。人口 16万7909(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

習志野市の関連情報