コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

老人クラブ ろうじんクラブ

6件 の用語解説(老人クラブの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

老人クラブ
ろうじんクラブ

高齢者を会員とする自主的な組織。1950年頃,豊かな知識と経験をいかして地域社会における諸活動に参加することにより,老後の生活を健全で豊かなものとし,生きがいを高めようという目的で結成された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

老人クラブ

60歳前後以上の高齢者が、仲間作りや地域奉仕活動のために集まり運営している自主的な組織。1950年代から全国各地で作られ始め、62年に全国老人クラブ連合会が設立された。会員の会費での運営が原則だが、国や自治体も補助金を出している。

(2014-09-13 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ろうじん‐クラブ〔ラウジン‐〕【老人クラブ】

概ね60歳以上の高齢者が、身近な地域を基盤として、自主的に参加・運営する組織。親睦・健康づくり・地域貢献など老人福祉の増進を目的とした活動を行う。全国に約10万5000のクラブがあり、会員数は約600万人(平成27年3月末現在)。市区町村・都道府県指定都市ごとに連合会が組織され、全国組織として全国老人クラブ連合会がある。老人会。→敬老会

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

老人クラブ【ろうじんクラブ】

家庭老人の憩いの場として,相互親睦と福祉増進を目的に民間の手で自主的に結成,運営する施設や組織。老人福祉法の制定を契機に発展した。原則としてクラブ助成費は国,都道府県,市町村が等分に負担。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ろうじんクラブ【老人クラブ】

原則として60歳以上の老人が,自主的に参加・運営を行う活動組織で,一定の条件を満たしていれば,国の在宅老人福祉対策事業の一つである生きがい対策としての老人クラブ助成事業から助成金が支給される。1995年3月末現在の老人クラブ数は約13万3900,会員数は約880万人で,60歳以上人口に占める会員の割合は約35%である。各地域の老人クラブが集まって市町村老人クラブ連合会を形成し,それらが結集して都道府県老人クラブ連合会となり,さらに全国老人クラブ連合会となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

老人クラブの関連キーワード冤罪現代資本主義中南米映画人口爆発日野TH10型トラックATG国勢調査社史新日本文学女性団体

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

老人クラブの関連情報