コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

老松堂日本行録 ろうしょうどうにほんこうろく

大辞林 第三版の解説

ろうしょうどうにほんこうろく【老松堂日本行録】

朝鮮官人宋希璟の日本紀行記。一巻。成立年未詳。1420年室町幕府からの使節派遣の回礼使として来日、当時の日本の社会情勢と各地の見聞を記録したもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ろうしょうどうにほんこうろく【老松堂日本行録】

朝鮮の官僚宋希璟の日本紀行文集。1巻。希璟は1420年(応永27)足利義持派遣使節の回礼使として日本を訪れ,応永の外寇(1419)直後の日本情勢を探った。本書はそのときに書かれた漢詩を中心にした紀行文で,当時の西日本の社会・風俗および海賊衆についての詳しい記述がみられる。刊本には《新訂老松堂日本行録》がある。【高橋 公明】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

老松堂日本行録
ろうしょうどうにほんこうろく

朝鮮回礼使宋希(そうきけい)(1376―1446)の日本紀行記。1巻。いわゆる応永(おうえい)の外寇(がいこう)の翌年の1420年(応永27)、室町幕府4代将軍足利義持(あしかがよしもち)の使いに対する回礼使に任命された希は、正月に漢城(ソウル)を出発し、4月に京都に着いた。そして、6月に義持に面謁して国書を捧呈(ほうてい)し、10月に帰国した。その旅行中における詩集である本書には、随処に室町時代中期の日本の社会、農業、風俗習慣や宗教などについての見聞が記され、かつ辛辣(しんらつ)な批評がなされてもいる。当時の日本社会を知るうえで貴重な記述である。『続群書類従』所収。[黒田日出男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

老松堂日本行録の関連情報