コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

耐熱ガラス たいねつガラス heat-resisting glass

6件 の用語解説(耐熱ガラスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

耐熱ガラス
たいねつガラス
heat-resisting glass

急熱,急冷に耐えるガラス。軟化点の高いガラスを含めることもある。熱膨張係数の小さいことが特徴で,通常のガラスの膨張係数が 90× 10 -7 であるのに対し,耐熱ガラスの膨張係数は,石英ガラスで4× 10 -7 ~5× 10 -7 ,ホウケイ酸ガラスで 30× 10 -7 程度と小さい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たいねつ‐ガラス【耐熱ガラス】

急熱・急冷に耐えるガラス。広くは軟化点の高いものをいう。石英ガラス・高珪酸(けいさん)ガラスなど。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

耐熱ガラス【たいねつガラス】

熱膨張率が小さく急熱急冷に耐え,軟化点の高いガラス。耐熱性では石英ガラスが最良。このほか,石英ガラスの組成に近づけたバイコール(米国コーニング社の商品名),ホウケイ酸ガラスアルミノケイ酸ガラスなどがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

たいねつガラス【耐熱ガラス heat resisting glass】

軟化点がだいたい800℃以上で,かつ膨張率が小さく,耐熱衝撃性を有するガラスをいう。軟化点および膨張率は組成と密接な関係がある。SiO2成分のみからなる石英ガラスが耐熱性の面からは最良であるが,製造コストが高いため種々の耐熱ガラスが作られている。すなわち,石英ガラスにできるだけ近い組成のガラスを容易に製造することを目的として開発されたバイコールVycor(アメリカのコーニング社の登録商標),耐熱性低下の原因となるアルカリ,およびアルカリ土類元素の量を減少させ,溶融が困難になる点をB2O3成分を添加することによって改良したホウケイ酸系ガラス,またアルカリ土類元素を導入しつつも,ガラス構造を石英ガラスに近づけるためにAl2O3を添加したアルミノケイ酸ガラスなどが代表的なものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たいねつガラス【耐熱ガラス】

急熱・急冷に耐えるガラスの総称。アルカリ分を減らしてホウ酸を含ませたホウケイ酸ガラス、純粋な二酸化ケイ素でできた石英ガラスなどがある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

耐熱ガラス
たいねつがらす
heat resisting glass

高温まで使用でき熱衝撃に強いガラスの総称。理化学用、調理用、照明用、魔法瓶など、加熱され、温度の急変のある用途に適している。シリカガラス(石英ガラス)、バイコールガラス(96%シリカガラス、アメリカのコーニング社の商品名)、高アルミナ質ガラス、ホウケイ酸ガラス硬質ガラス)などがある。これらのなかでシリカガラスは1100℃の高温に耐え、また熱膨張係数も1℃当り1000万分の5~6と最低であるため急熱・急冷にもっとも強いが、高価であるため、一般商品として使われることは少ない。したがって、高温ではバイコールガラス、高アルミナ質ガラス、ホウケイ酸ガラスの順で、また熱衝撃に耐えるものとしてはバイコールガラス、ホウケイ酸ガラスの順で使われている。パイレックス級ホウケイ酸ガラスは熱膨張係数が1000万分の32と比較的小さいので熱衝撃に強く、科学実験用、調理用、あるいは防火ガラスなどとして使われている。しかし、強い火炎は避けたほうがよく、それには、ユークリプタイトeucryptiteやスポジュウメンspodumeneの結晶(リチウムアルミノシリケート結晶)を析出したLi2O-Al2O3-SiO2系零膨張ガラスセラミックス製品が適している。[境野照雄・伊藤節郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

耐熱ガラスの関連キーワード硝酸ナトリウム耐火度体膨張熱間加工硬質ガラス軟化点好熱菌軟化変敗ダイレーション荷重軟化点

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

耐熱ガラスの関連情報