肥料木(読み)ひりょうぼく

大辞林 第三版の解説

ひりょうぼく【肥料木】

根粒を持ち、土壌養分を増加させるので造林地に混植される樹木の総称。ニセアカシア・ネムノキなどのマメ科植物のほかハンノキ・ヤシャブシ・ヤマモモなどがある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひりょうぼく【肥料木 soil improving tree】

根粒によって遊離窒素を固定し,土壌中に養分を増加させる能力があるため,肥料的効果を期待して植えられる樹木。肥料木にはマメ科植物の各種のほか,グミ属,ハンノキ属の各種,ヤマモモなどがある。根粒はこれらの樹木の根に点在し,根粒菌と共生しているものであって,菌の作用で窒素が固定される。マメ科植物の共生菌はバクテリアであり,ハンノキ属やヤマモモの共生菌は放線菌である。肥料木といわれるこれらの樹木が自生している場所は,崩壊地ややせ地である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android