コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肺胞微石症 はいほうびせきしょうPulmonary Alveolar Microlithiasis

1件 の用語解説(肺胞微石症の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

はいほうびせきしょう【肺胞微石症 Pulmonary Alveolar Microlithiasis】

[どんな病気か]
 肺のほとんどすべての肺胞の中に、カルシウム塩(リン酸カルシウム塩、炭酸カルシウム塩)が層状に沈着する病気で、劣性遺伝(れっせいいでん)します。
 病気の初期は、胸部X線写真をみると肺がカルシウム塩でまっ白になっているにもかかわらず、ふしぎなことに、ほとんど自覚症状がないという特徴があります。
 このような理由で、健康診断で偶然に発見される場合がほとんどです。
 ただし、自覚症状がないといっても、何年かして肺胞の壁の線維化が進行すると、からだを動かした後に、呼吸困難やせきなどの症状が現われてきます。
[原因]
 常染色体劣性遺伝(じょうせんしょくたいれっせいいでん)という形式で遺伝します。
 劣性遺伝ですから、親に病気があっても、かならずその子どもが病気になるわけではありません。
 原因は不明ですが、カルシウム塩は肺胞の壁でつくられ、肺胞の中へ分泌(ぶんぴつ)されて蓄積します。
 これは、幼少のころから徐々に始まり、おとなになってから、はっきりした異常として完成します。
[検査と診断]
 病気が初期のうちは、自覚症状がほとんどないのが特徴です。大部分の人は健康診断のときに胸部X線写真を撮り、肺全体がすりガラスのように白く濁っていることで発見されます。
 診断を確定するには、開胸肺生検(かいきょうはいせいけん)という方法で肺の一部をとり、顕微鏡で観察して、肺胞にカルシウム塩の層状の沈着を証明しなければなりません。
[治療]
 カルシウム塩を取り除くような根本的な治療法はありません。せきが出たら、せきをとめるという、症状を抑えるための対症療法が中心となります。
 日常生活の注意としては、かぜをひかないように注意します。かぜをひいた場合は、十分にからだを休めて早く治すような、一般的な注意が必要です。

出典|小学館
家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

肺胞微石症の関連情報