コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

背筋力 はいきんりょく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

背筋力
はいきんりょく

体幹と下肢をまっすぐに伸ばしたのち,体幹を 30度前傾した姿勢から伸展する際に出しうる背筋の最大力量をいう。背筋力は普通ばねの反発力を利用した背筋力計を用いて測定する。背筋力は体重や身長との相関が高く,男女とも 25歳前後で最高となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

はいきん‐りょく【背筋力】

背中の筋肉の総筋力。背筋を伸ばして身体を前方に曲げた状態から、一気に直立に戻るときに出すことができる力量。背筋力計で測定し、キログラムを単位として表す。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

はいきんりょく【背筋力 back muscle strength】

体力の測定において全身の筋力の指標となるもので,1910年代から,手,体幹,足などの抗重力筋群(身体の後ろ側の筋群)を中心とした全身の引き上げる筋力として計測されてきた。計測はひざを伸ばし,から上体を30度前かがみにした手に,力量計を介した棒を握り,上体を腰から伸ばすように最大努力で引き上げる。この背筋力計測時の筋肉の使い方を筋電図で調べると,上肢,肩,腰,臀部,下肢など各部がよく使われ,全身の力といわれるゆえんでもある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

背筋力
はいきんりょく

背筋力計を使って測定した力を一般に背筋力とよんでいる。背筋力計によって測定される値は、体幹背部にある広背筋を中心とした筋群、および腰部や殿部の筋力が総合されたものである。測定される値を適正なものとするためには、膝(ひざ)を曲げない、背筋(せすじ)を伸ばす、腰の前傾角度を30度にして鉛直上方に徐々に力を入れ、最大の力まで引くなどの方法を守ることがたいせつである。背筋力は、握力とともに、体の筋力を示す代表値の一つとして考えられており、成長に伴って大きな値を示すようになる。また、背筋力は、人間が二足直立姿勢を保つうえではたいせつなものであるが、さらに運動時などでは腹筋とうまくバランスのとれていることも必要となる。一般成人男子の背筋力は150キログラム前後であるが、優れた運動選手(レスリングやウエイトリフティングなど)では200~300キログラムとなる。[小野三嗣]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

背筋力の関連キーワードバルウィン指数背中の変形新弟子検査適性検査小野三嗣握力

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

背筋力の関連情報