コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 や arrow

翻訳|arrow

6件 の用語解説(矢の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説



arrow

箭とも書く。弓につがえて発射する武器,狩猟具。細い竹や木を削って矢柄 (やがら) とし,先端には (やじり) ,もう一方の端には鳥類などの羽 (矢羽根) と,弓の弦を受ける矢筈をつける。ヨーロッパでは後期旧石器時代洞窟絵画に野牛に刺さった矢が描かれているものがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さ【矢/×箭】

矢(や)の古称。
「荒し男のいを―手挟み向かひ立ち」〈・四四三〇〉

し【矢】[漢字項目]

[音](呉)(漢) [訓]
学習漢字]2年
〈シ〉や。「一矢嚆矢(こうし)
〈や〉「矢面(やおもて)矢印弓矢
[名のり]ただ・ちこう・なお
[難読]猟矢(さつや)征矢(そや)甲矢(はや)兄矢(はや)

や【矢/×箭】

武器・狩猟具の一。弓の弦(つる)につがえ、距離を隔てた目的物を射るもの。木または竹で作った棒状のもので、一方の端に羽をつけ、他方の端に鏃(やじり)をつける。「―をつがえる」
木材や石など、かたいものを割るのに使うくさび。
紋所の名。1の形を組み合わせて図案化したもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

矢【や】

箭とも書く。の弾力を利用して射る武器。本体は【やがら】(矢柄または箆(の))で先に鏃(やじり),他端に筈(はず)と羽がつく。日本では【やがら】にシノダケを用い,羽はワシの羽が賞用された。
→関連項目武器

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


箭とも書く。矢は人類の技術史からみると、すでに使用されていた投げ槍(やり)を小型化し、弓の反発力を利用しこれを飛ばし、遠距離の目標物を刺突する武器として考え出されたものである。
 矢は大別して箆(の)(矢箆(やがら)・矢軸)、筈(はず)、羽、鏃(やじり)(根(ね))の四部から構成されている。
(1)箆 縄文時代の鏃のなかに竹の付着がみられ、古墳からは竹や木のものが発掘されている。そして時代が下るにつれ、箆はすべて竹が使用されるようになる。箆に使うヤダケは「うきす箆」(一年竹)、「片うきす」(二年竹)、「諸(もろ)うきす」(三年竹)、「強箆(つよの)」(四年竹)などとそれぞれの用途(たとえば的矢(まとや)、遠矢(とおや)、征矢(そや)など)により伐採する時期が違う。
 伐採したヤダケを箆に仕上げるまでには、乾燥、選別、荒矯(あらた)め、箆作り(削り)、火入れ、竹洗い、とくさ洗いなどいくつかの工程があり、その工程のなかで、幾種類もの特徴ある矢ができあがるのである。たとえば箆作り(削り)の段階では、巻藁矢(まきわらや)、的矢、遠矢など、用途の違いにより、矢先のほうが筈のほうより太くなっている「杉形(すぎなり)」、筈から矢先までほぼ一様の太さの「一文字」、箆の本末(もとうら)が細く中央部が太くなっている「麦粒(むぎつぶ)」などの箆ができ、火入れの強弱によっても腰の強さ(弾力性)や色合い(白箆(しらの)、批把火箆(びわひの)、焦箆(こがしの)など)に違いが出るのである。
 また漆塗りの箆を「塗り箆」というが、これにも塗り方により「拭箆(のごいの)」「節陰箆(ふしかげの)」(節のところに漆を溜(た)め塗りし乾割(ひわ)れを防ぐもの)などの種類がある。そのほか薄く火入れした箆を鉄分を含んだ泥の中に長期間浸(つ)け、十分狂いを出したものを矯めた黒色の「渋箆(さわしの)(醂箆)」や、箆の表面を砂で磨き砂目を出した「砂摺(すなずり)箆」などがある。この「砂摺箆」は矢飛びがよいとされ、的矢や堂矢に使用する。
 箆の長さは射法やそれぞれの体格によって相違する。すなわち、弓の構造の変化や取懸け法の変遷、また甲冑(かっちゅう)着装の有無などにより矢束(やづか)(引くべき矢の長さ)に違いが現れるのである。現存する奈良・平安時代の箆はおよそ2尺3~4寸(71センチメートル)の細箆(ほその)であったものが、鎌倉時代以降にはおよそ2尺8~9寸(86センチメートル)内外の太箆(ふとの)となっている。これは丸木弓→木竹合成弓への構造の変化、ピンチまたはピンチの変型→蒙古式取懸け法への移行が関係していると思われる。古くから箆の長さの表示法として何束(ぞく)何伏(ぶせ)(1束は一握りの指の幅、1伏は指1本の幅)という呼び方が行われた。現在の射法では原則として自分の身長の半分強をその人の矢束としている。その測定法としては、矢筈部をのどの中央に当て、腕を横に伸ばし中指の先端までとするのである。
(2)筈 弦を受けるところで、弦をくわえるために彫りくぼめたところを「彫(えり)」という。筈は箆自体を刳(えぐ)る方法と、別につくった筈を箆にはめ込む場合とがある。箆自体を筈とする場合は箆末の節を利用する「節筈(ふしはず)」と、節から離れたところを筈とする「餘筈(よはず)」とがある。別につくられた筈を箆にはめ込むものを「継筈(つぎはず)」という。これには木・竹の節、鹿角、牛角などが用いられ、儀仗(ぎじょう)用として胡(やなぐい)に盛る矢の筈には水晶が使われる。なお、竹の皮を削り残した筈や鹿角の皺(しわ)のある筈をとくに「(ぬたはず)」とよぶ。
(3)羽 鳥の羽は、矢の飛行方向を維持する重要な役割を果たすものとして古くから使用されている。一般には蜂熊(はちくま)、熊鷹(くまたか)など鷹の仲間、磯鳥、犬鷲(いぬわし)、熊鷲、粕尾(かすお)、薄兵(うすびょう)、大鳥など鷲の羽が多く使用されるが、そのほかに雉(きじ)、山鳥、鶴(つる)、鵠(くぐい)、鴾(とき)、鷺(さぎ)、雁(かり)、鴨(かも)なども用いられる。
 羽は手羽と尾羽に分けられるが、尾羽の部分を上物とし、なかでもその両端の羽を「石打(いしうち)」と称し、矢飛びがよく、かつじょうぶなことから昔より珍重されている。羽はその斑文(はんもん)(模様)により切符(きりふ)(切生)、本白(もとじろ)、妻白、中黒、中白、白尾、一文字、黒羽、妻黒、本黒など数多くの種類がある。また好みにより羽を染める場合もある。
 一筋の矢には通常3枚の羽を用いる。これを「三立(みつだて)」といい同種同斑文の羽を使用するが、鏑矢(かぶらや)、狩股(かりまた)矢に用いる羽は4枚、すなわち「四立(よつだて)」とし、大羽(走羽(はしりば)と遣羽(やりば))に(わし)の羽、小羽(弓摺羽(ゆずりば)と外掛(とがけ))に雉や山鳥の交羽(まぜは)とする。胡に盛る公卿(くぎょう)の儀仗用の矢は「二羽(ふたは)」(2枚羽)である。
(4)鏃(根) 矢を目標物に対し有効に刺突させるために、古くからさまざまなくふうがなされてきた。もっとも素朴な方法としては箆自体を削りとがらせる方法があり、さらには石や骨製の鏃がつくられるようになる。金属文化が伝来してからは銅・鉄、とくに鉄製の鏃が占めるようになる。鉄製鏃は時代が下るにしたがい、またその使用目的によりさまざまな形のものがつくられた。これを形状から見ると平根(ひらね)、雁股(かりまた)、鯖尾(さばお)、膓繰(わたくり)、長根(ながね)、短根(みじかね)、十文字などに大別することができる。なお的前(まとまえ)用の矢には平題(いたつき)(板付・板突)と称する鏃を用いる。これには椎(しい)の実形と乳形の2種がある。そのほか矢先に付着するものとして、球状の鹿角または木を空洞にし、前面に数個の孔(あな)をうがち、飛行中音響を発する鏑、犬追物(いぬおうもの)や笠懸(かさがけ)に使うもので桐(きり)・朴(ほお)製にして鏑を大型化したような蟇目(ひきめ)(引目)、さらには草鹿(くさじし)、丸物、流鏑馬(やぶさめ)などに使うもので、木製・鏑様の形をし、中を刳(く)らない神頭(じんどう)(実頭)などがある。
 完成された矢は、その使用目的により野矢(のや)(狩猟用)、繰矢(くりや)(遠距離用)、征矢(軍用)、的矢(的前用)、堂矢(通し矢用)、堅物(かたもの)矢(鎧(よろい)・甲(かぶと)・盾などを破るための矢)などがある。そのほか特殊なものとしては打根(うちね)(近距離から直接手で投げ付ける短矢)がある。[入江康平]

世界各地の矢

矢は矢尻(やじり)(鏃(やじり))、矢柄(やがら)、矢羽根などから構成されるが、初めからすべてを備えていたわけではない。ヨーロッパの後期旧石器時代のマドレーヌ期には、柄付きの飛び道具の存在が知られているが、弓から発射されたという証拠はない。また確実な例でも、ドイツのシュテルモール遺跡で発見された松製の矢の一部は矢尻が欠如していた。弓矢を描いたもっとも古い例は北アフリカの洞窟(どうくつ)壁画であり、この方面からイベリア半島を経由して、ヨーロッパに伝わったと考えられている。中石器時代に入って生態系に変化がおき、小動物が主たる獲物の対象になると、弓矢の重要性は飛躍的に高まった。このころのスペインの洞窟壁画には、矢羽根を備えた矢が描かれている。新石器時代では農耕と牧畜が生業の主役となり、遺物も減るが、堅い木の矢柄、鳥の羽や木、皮の矢羽根が認められる。金属器時代に、矢尻が青銅製、鉄製にかわることはいうまでもない。
 矢の構造は単純だが、弓にあわせて長さや重さを決めなくてはならず、世界の諸民族の間でも製作には非常に注意が払われている。南米南端フエゴ島のセルクナムの人々は、かつてはイガイの貝殻で削った木を砂岩の破片で研磨し、さらに矢柄を熱しながら歯を使ってまっすぐにしたという。矢尻には弾道を正確にする役目があるが、形態は菱形(ひしがた)、葉形、三角形、あご付きなどさまざまである。南米のペルーからブラジルにかけて分布するカンパとよばれる集団は、魚には、散弾銃のような効果をねらった三つ叉(また)の矢を、鳥には、羽などを損なわずにとらえるため球形の矢尻を使っている。矢羽根は、矢の安定にとって補助的な役割を果たすため、多くの民族で知られているが、アフリカのサン人の矢には、これがない。シベリアのブリヤートの人々は、矢尻の後ろに笛をつけ、飛行中に鳴る音で獲物を驚かせ、立ちすくませることで矢の命中率を高めている。このほか、矢尻に毒を塗って効力を高めるくふうが、かつてアイヌ、フィリピンのネグリト、アフリカのピグミーやサン人などの間でなされていた。[関 雄二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のの言及

【弓道】より

…弓で矢を射る術の修練を通して心身の鍛錬を狙いとする,日本の伝統的弓射文化の総称。古くは弓術,射術,射芸などと呼ばれた。…

【石鏃】より

…矢のさきに用いる小型の石器。通常便宜的に,長さが5cm以下で重さが5gまでのものを石鏃と呼び,それ以上のものを石銛,石槍と呼びわけている。…

【弓矢】より

…弓矢は,飛道具としては投槍につづいて発明されたもので,その起源は古く旧石器時代にまでさかのぼる。広く世界中に分布するが,オーストラリア,タスマニアの原住民のように,これをまったく知らなかった民族もある。…

※「矢」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

矢の関連キーワード棍棒傷弓の鳥弦打ち弦音弦輪虎挟み猟具弦走りオンダ薬煉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

矢の関連情報