コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胸腺腫 きょうせんしゅ thymoma

2件 の用語解説(胸腺腫の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

胸腺腫
きょうせんしゅ
thymoma

胸腺に発生する腫瘍。縦隔腫瘍の5~10%を占めており,前縦隔ないしは上縦隔にみられる。 20歳以下にはまれで成人に多く,男性にやや多い。大多数は良性であるが,一部は肺,心膜,血管などに浸潤を示し,悪性である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

胸腺腫
きょうせんしゅ

胸腺の上皮細胞から発生する胸腺上皮性腫瘍(しゅよう)の一つで、多くは30歳以上で発症し、とくに50歳代前後の中高年齢層に多発するが、全体では発症率の低いまれな疾患である。胸腺は胸骨の裏側にあり心臓の前縦隔に位置するこぶし大の臓器で、リンパ球(T細胞)を産生し、侵入してきた病原体への感染を防ぎ、体内の悪性新生物を排除する免疫機能を担う。胸腺は思春期に最大となった後、成長するにつれてしだいに萎縮(いしゅく)して成人になると退化するが、この退化した胸腺の細胞から発生する腫瘍が胸腺腫である。胸腺上皮性腫瘍には、ほかに胸腺癌(がん)と胸腺神経内分泌腫瘍があるが、胸腺神経内分泌腫瘍を胸腺癌に含める場合もある。かつては胸腺癌も胸腺腫のなかに含まれていたが、今日では別の腫瘍として扱われている。胸腺癌と同様に悪性腫瘍として扱われるが、胸腺癌に比べて悪性度は低く、腫瘍細胞には組織学的に明らかな悪性像がみられず、増殖の速度も緩やかである。浸潤性だが周囲の他臓器へ転移することはまれである。
 初期には無症状であることも多いが、進行すると咳(せき)や胸痛および呼吸困難などを伴う。胸腺腫では自己免疫疾患を合併していることも多く、自分の正常な組織などを異物として認識して攻撃してしまうためにさまざまな症状を呈する。重症筋無力症を合併していると筋力低下などを呈し、赤芽球癆(せきがきゅうろう)では貧血症状を呈する。ほかに多発性筋炎、エリテマトーデス、関節リウマチ、甲状腺炎、低ガンマグロブリン血症などを合併していることもある。
 治療法はまだ確立していないが、手術による腫瘍の摘除が第一で、ほかに放射線療法も検討され、これらの治療が困難なら制癌剤を投与する。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

胸腺腫の関連キーワード卵巣腫瘍カルチノイド腫瘍グリオーマガストリン産生腫瘍抗腫瘍活性腫瘍発生上皮性腫瘍陰茎腫瘍胚細胞性腫瘍腎盂・尿管腫瘍

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

胸腺腫の関連情報