コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脆(ぜい)性破壊 ぜいせいはかいbrittle fracture

知恵蔵の解説

脆(ぜい)性破壊

ガラスやセラミックスが割れる時のように、目に見える変形をほとんど起こさずに破壊すること。一般の金属材料は、大きく変形した後に延性破壊するが、極低温の場合は延性、靱(じん)性が漸減し、低温脆性を示して割れる。溶解した水素に起因する水素脆化もある。脆性破壊の多くは突発的で、予知が難しい。

(岡田益男 東北大学教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android