コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脳震盪/脳振盪 ノウシントウ

デジタル大辞泉の解説

のう‐しんとう〔ナウシンタウ〕【脳震×盪/脳振×盪】

頭部に衝撃を受けた後に起こる一過性の脳機能障害。医学的には、意識消失が6時間未満で、脳の器質的損傷を示す症状がない状態をいう。→セカンドインパクト症候群
[補説]健忘混乱ふらつき・頭痛・吐き気・視野障害などの症状がみられ、意識の消失を伴わない場合もある。多くの場合、短時間で回復するが、スポーツ時に脳震盪が疑われる場合は、競技や練習への参加を停止し、医師の診断を受ける必要がある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

脳震盪【のうしんとう】

頭部打撲により一時的に起こる脳障害。意識を失うが脳に肉眼的な変化を残さない。嘔吐(おうと),眼華閃発(せんぱつ)(眼から火が出るように感じる),視野暗点(眼の前が暗くなる)のほか,頭痛,めまい,耳鳴り,不眠などの症状を呈する。
→関連項目頭部外傷むち打ち症

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

のうしんとう【脳震盪】

頭部に打撲などの衝撃を受け、一時的に意識障害が起きた状態。多くは短時間で意識を回復し、後遺症を残さない。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

脳震盪/脳振盪の関連キーワードジャスティン モルノーポール カリヤ全生活史健忘脳しんとう意識障害後遺症頭部

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android