脳震盪/脳振盪(読み)ノウシントウ

デジタル大辞泉の解説

のう‐しんとう〔ナウシンタウ〕【脳震×盪/脳振×盪】

頭部に衝撃を受けた後に起こる一過性の脳機能障害。医学的には、意識消失が6時間未満で、脳の器質的損傷を示す症状がない状態をいう。→セカンドインパクト症候群
[補説]健忘混乱ふらつき・頭痛・吐き気・視野障害などの症状がみられ、意識の消失を伴わない場合もある。多くの場合、短時間で回復するが、スポーツ時に脳震盪が疑われる場合は、競技や練習への参加を停止し、医師の診断を受ける必要がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

脳震盪【のうしんとう】

頭部打撲により一時的に起こる脳障害。意識を失うが脳に肉眼的な変化を残さない。嘔吐(おうと),眼華閃発(せんぱつ)(眼から火が出るように感じる),視野暗点(眼の前が暗くなる)のほか,頭痛,めまい,耳鳴り,不眠などの症状を呈する。安静により短時間で回復。
→関連項目頭部外傷むち打ち症

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

のうしんとう【脳震盪】

頭部に打撲などの衝撃を受け、一時的に意識障害が起きた状態。多くは短時間で意識を回復し、後遺症を残さない。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android