コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腕相撲 ウデズモウ

デジタル大辞泉の解説

うで‐ずもう〔‐ずまふ〕【腕相撲】

二人向かい合ってひじをつき、手のひらを握り合って互いに腕を倒し合い、押し伏せたほうを勝ちとする遊び。腕押し。
技を知らないで腕力だけでとる相撲。〈日葡

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

うでずもう【腕相撲】

山梨の日本酒。酒名は、力強い酒でありたい、この酒を飲んで強くなってほしいとの願いを込めて命名。純米酒、本醸造酒がある。原料米は五百万石など。蔵元の「腕相撲酒造」は大正13年(1924)創業。所在地は笛吹市御坂町夏目原。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

うでずもう【腕相撲】

腕の力を競う競技。〈うでおし〉〈うでたおし〉〈てがえし〉〈てずもう〉などの別称でも呼ばれていた。《書言字考節用集》に〈相扠(たがえし∥うでおし)〉,《名物六帖》に〈闘腕(うでおし)〉などとある。これについて《嬉遊笑覧》に〈それは手を捩(ねじ)る事とも聞ゆれど,手がへしという名はよく腕押しにかなへり,闘腕といへるも是なるべし〉とある。《義経記》に〈腕押〉とあり,《曾我物語》に〈力くらべの腕相撲一番といふままに〉と,腕相撲と明記されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

うでずもう【腕相撲】

二人が互いに向かい合っててのひらを握り合い、同じ平面にひじを立てて相手の腕を押し倒そうとするもの。腕押し。腕倒し。アーム-レスリング。
技を知らずに、腕力だけでとる相撲。 〔日葡〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

腕相撲
うでずもう

2人向かい合って、肘(ひじ)を床の上や机の上に固定させ、互いに左右いずれかの手を握り合い、相手の手をねじ伏せたほうを勝ちとする遊び。力競(くら)べの一種で、古くから行われ、中世には「腕押し」の名称で『義経記(ぎけいき)』にもみえている。スモウという語は力を戦わせる意味で、腕とか脚、指相撲というのもあり、子供の遊びのなかにはカタツムリやクモなどを戦わせたり、タンポポ、スミレなどの花を引っ掛けたり、打ち合ったりして強弱を競う場合もある。とくにスミレは花の形が引っ掛けやすいので相撲取花(すもうとりばな)の異名もある。[丸山久子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

腕相撲の関連キーワードアイソメトリックトレーニングアームレスリング高島屋おひさ陽菜えみる長谷川雪朝井上八千代水沢レイン伊達みきお福田メイコ上腕骨骨折レスリング熊澤洋幸上田紫布高橋陽子川村りか手のひら朝日奈央浜谷健司下池輝明華木ミヤ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

腕相撲の関連情報