コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腹膜偽性粘液腫(読み)フクマクギセイネンエキシュ

デジタル大辞泉の解説

ふくまく‐ぎせいねんえきしゅ【腹膜偽性粘液腫】

腹膜にゼラチン状の粘液が貯留・充満する病気。虫垂卵巣にできた粘膜性腫瘍(しゅよう)が腹膜に転移して起こる場合が多い。腹部が膨満し、食欲不振・腹痛・吐き気などを呈する。発症率は100万人に1人程度とされ、原因は不明。治療法は確立されていない。腹膜偽粘液腫腹膜仮性粘液腫

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

プレミアムフライデー

《〈和〉premium+Friday》経済産業省や経団連、各業界団体が連携して行う、個人消費活性化のための取り組み。また、その取り組みが実施される毎月末の金曜日のこと。平成29年(2017)2月末より...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android