コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腹芸 ハラゲイ

デジタル大辞泉の解説

はら‐げい【腹芸】

芝居で、役者がせりふや動作に出さず、感情を内面的におさえてその人物の心理を表現する演技。
はかりごとを言葉や行為に出さず、腹の中で企むこと。また、直接言葉で指示するのではなく度胸や迫力で物事を処理すること。また、そういうやり方。「腹芸のできる政治家」
あおむけに寝た人のの上で芸を演じて見せる軽業(かるわざ)。また、腹に顔などを書き、これを動かして見せる芸。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

腹芸の関連キーワード九代目市川団十郎高田 実瀬崎良太西條昌之大野伴睦せりふ腹の中高田実

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

腹芸の関連情報