コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

膀胱がん ぼうこうがん Bladder Cancer

1件 の用語解説(膀胱がんの意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

ぼうこうがん【膀胱がん Bladder Cancer】

◎高年齢の男性に多く、再発もある
[どんな病気か]
 膀胱粘膜(ねんまく)に発生するがんで、泌尿器科(ひにょうきか)が取り扱う悪性腫瘍(あくせいしゅよう)(がん)のなかでもっとも頻度の高いものです。
 子どもにはまれで、40歳以上の人に発生頻度が高く、高齢になるほど増加し、膀胱がんの約6割は65歳以上です。男性に多く、女性の3倍以上です。また、治療法によっては、再発が非常に多いのも特徴です。
[症状]
 発熱や腹痛などの、病気らしい症状をともなわない無症候性血尿(むしょうこうせいけつにょう)(コラム無症候性血尿」)が多くみられます。
 この血尿の特徴は、放っておいても、目では見えなくなってしまうことです。無症候性血尿は1回だけのこともありますが、数回続いた後、止血することもあります。
 このように、血尿が出たり止まったりをくり返しながら、血尿の期間が長くなり、ついには持続的な血尿になります。
 がんの発生部位によっては、排尿(はいにょう)時の痛みや、排尿回数が増えるといった膀胱炎(ぼうこうえん)のような症状をともなうこともあります。
 血尿がひどくなって膀胱の中でかたまり、尿道(にょうどう)から排尿できなくなったり、尿がしぶるようになったり、下腹部がふくらんで苦痛をともなうようになる場合もあります。このような状態では水腎症(すいじんしょう)(「水腎症」)となり、腎臓(じんぞう)の機能が低下していることが多く、また、貧血をともなう場合もあります。
 アニリン系の染料を扱う職業に従事する人に発生率が高いのですが、最近では、喫煙者の発生率が非常に高くなっているのが注目されています。
●受診する科
 がんの性質や状態に応じた、いろいろな治療法を選ぶことがたいせつで、そのためにも泌尿器科、できれば、がんを専門としている泌尿器科を受診しましょう。
[検査と診断]
 検査としては触診、視診はもちろん、尿検査、尿細胞診検査が行なわれますが、膀胱にがんがあるかないかは膀胱鏡検査でほとんど診断されます。しかしごくまれには、生検(せいけん)(膀胱の組織を調べる)が必要な場合もあります。
 また、がんの広がりや膀胱壁(ぼうこうへき)への浸潤の深さ、転移を調べるために、排泄性腎盂造影(はいせつせいじんうぞうえい)、超音波検査、CT、MRIやシンチグラフィーなどのあらゆる画像診断が行なわれます。
◎がんの状態で治療法がちがう
[治療]
 膀胱がんの大きさや広がり、膀胱壁への浸潤の深さなどで治療法(とくに手術療法)がちがってきます。どの治療法を用いるかは専門の泌尿器科の医師とよく相談し、いちばんよい方法を選択しましょう。
 手術法の選択でも、がんの状態によっては、膀胱を残せる場合もあり、残せない場合もあります。膀胱を残せないと、術後の生活が多少不便になりますが、生命にはかえられません。
●代表的な手術療法
 がんが細い茎(くき)をもって生えていて、広がりが狭く、浸潤が浅いとき 膀胱がんでは、7割くらいがこのような状態です。この場合、尿道から膀胱鏡を入れて鏡で見ながら、がんを電気的に切除する方法(経尿道的膀胱腫瘍切除術(けいにょうどうてきぼうこうしゅようせつじょじゅつ))が選択されます。
 この方法では、がんだけを切除するので膀胱はそのまま残り、膀胱の機能はまったく損なわれません。しかし、切除した場所とは別の場所にがんが再発する頻度は高くなり、何度もこの手術を受ける人がいます。
 この方法で大きながんの一部を切除して、病理学的な検査を行ない、膀胱摘除術にそなえる場合もあります。
 がんの広がりが広範囲で浸潤が深い、また、浸潤はごく表層だけだが、がんの性質が極端に悪く、膀胱粘膜の広い範囲に広がっているとき このような場合には、尿道を含めて(男性の場合は前立腺(ぜんりつせん)や精嚢(せいのう)を含めて)膀胱をすべて摘出し、必要によっては骨盤内(こつばんない)のリンパ節郭清(かくせい)も行なわれます(根治的膀胱全摘除術(こんじてきぼうこうぜんてきじょじゅつ))。
 この手術は非常に大がかりで、手術時間も長く、6~9時間以上かかったり、出血も多く、2000mℓ以上の輸血が必要になることもあります。
 根治的膀胱全摘除術を行なうと、尿道以外のところから尿を体外に導く、尿路変向術(にょうろへんこうじゅつ)が必要になります。
 尿路変向術には、尿管を皮膚から体外へ導く尿管皮膚瘻(にょうかんひふろう)、尿管を大腸(だいちょう)につなげて肛門(こうもん)から排尿できるようにする尿管S状腸吻合術(ちょうふんごうじゅつ)、小腸(しょうちょう)を使って導管をつくり、そこに尿管をつなぎ体外へ排尿できるようにする回腸導管(かいちょうどうかん)などがあります。
 根治的膀胱全摘除術が必要となるようながんの状態の場合には、手術の前後に全身的ながん化学療法や放射線照射が必要な場合もしばしばあります。
 根治的全摘除術を必要としない程度のがんの広がりで、がんが尿道からはなれていて、浸潤が深いとき このようなときには、膀胱は全部摘除しますが、尿道を残す手術が行なわれます。
 この場合は尿道が残っているので、腸管を使って新しい膀胱をつくり、それと残った尿道とをつなぎ、尿道から排尿できるような方法がとられます。
 膀胱は全部摘出し、そのうえに新しい膀胱をつくるため、手術時間や出血量は根治的膀胱全摘術以上のことが多くなります。
 この手術では、尿道にがんが再発する危険が高いため、手術が行なえるがんの状態も少なく、排尿機能もすべてが完全とはいえません(とくに女性で不完全な状態になる確率が高い)。
 がんの広がりは狭いが、浸潤が深いとき この場合には、がんの部分をその周囲の膀胱を含めて切除します(膀胱部分切除術(ぼうこうぶぶんせつじょじゅつ))。手術時間は2~3時間で、輸血が必要になることもあります。
 尿管口の近くにがんが発生した場合には、尿管を膀胱のちがう部分に植えかえる手術も必要になります。
 この方法では、大半の膀胱が残りますので、膀胱の機能は保たれ、尿道からの排尿も可能です。その反面、膀胱や尿道にがんが再発する可能性は残ります。
●手術以外の治療法
 放射線治療
 膀胱部に放射線をあてる治療法です。手術の前後に行なわれることが多いのですが、放射線治療だけでは、あまり大きな効果は期待できません。
 全身抗がん剤投与
 いろいろな種類の抗がん剤を組み合わせて、静脈注射を行ないます。膀胱全摘除術や部分切除術の前後に多く行なわれます。また、がんの転移に対してもこの治療法が行なわれます。
 経尿道的膀胱腫瘍切除後の再発予防のために、経口抗がん剤が使われることもあります。
 抗がん剤の膀胱内注入
 経尿道的膀胱腫瘍切除後の再発予防や、浸潤が表面だけでも、その広がりが広範囲ながんの治療に、抗がん剤やBCG(厳密には抗がん剤とはいえませんが)を膀胱の中に注入する方法があります。BCGの注入は、かなり効果的です。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

膀胱がんの関連キーワード高年高年齢出産諸彦年嵩年齢層満年齢高年初産高年法高年齢ド=モアヴル寿命式

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

膀胱がんの関連情報