コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

膀胱テネスムス(膀胱しぶり) ぼうこうてねすむすぼうこうしぶり

1件 の用語解説(膀胱テネスムス(膀胱しぶり)の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

ぼうこうてねすむすぼうこうしぶり【膀胱テネスムス(膀胱しぶり)】

 膀胱テネスムスは、排尿(はいにょう)してもすぐに強い尿意がおこってくる状態のことです。
 実際に排尿回数が増える頻尿(ひんにょう)や、頻繁(ひんぱん)に尿意だけをもよおす場合があります。俗にいう尿(膀胱)しぶりです。裏急後重(りきゅうこうじゅう)も似た意味をもつことばです。
 膀胱テネスムスの原因で代表的なものは、急性膀胱炎(きゅうせいぼうこうえん)や急性前立腺炎(きゅうせいぜんりつせんえん)など、細菌性疾患です。
 非細菌性疾患では、膀胱や後部尿道(こうぶにょうどう)の結石(けっせき)・異物、ときに進行した前立腺肥大症前立腺がんなどによってもおこります。これらに感染がともなうと、より強い症状を示します。
 つまり、膀胱テネスムスは下部尿路や性器(膀胱、尿道、前立腺)の病気に共通して現われる症状といえます。
 ときには、骨盤部(こつばんぶ)への放射線照射で、強固な尿しぶりがおこることもあります。
 感染をともなわない病気の場合、この症状を抑える治療として、①水分の摂取による利尿、②消炎鎮痛薬、鎮痙薬(ちんけいやく)、鎮静薬などの使用がありますが、同時に、原因となっている病気を治療する必要もあります。
 感染が原因でおこっている膀胱テネスムスなら、適切な薬剤の使用が、治療の中心となります。しかし、尿路の通過障害が原因となっている場合は、その治療も必要になります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

膀胱テネスムス(膀胱しぶり)の関連キーワード頻尿導尿尿閉膀胱炎膀胱結石残尿夊繞尿路排尿頻尿(誇示行為) (frequent urination )

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone