飛火(読み)トビヒ

デジタル大辞泉の解説

とび‐ひ【飛(び)火】

[名](スル)
火の粉が飛び散ること。また、その火の粉。
火事のとき、火の粉が飛んで離れた場所に燃えうつること。また、燃えうつったその火。「風下に飛び火する」
事件の影響などが、無関係と思われるようなところにまで広がること。「汚職事件が各方面に飛び火する」
小児に多い伝染性の皮膚病。ぶどう球菌連鎖球菌などの化膿(かのう)によって感染する。伝染性膿痂疹(のうかしん)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

とびひ【飛火 bullous impetigo】

化膿菌とくに黄色ブドウ球菌の感染による膿皮症の一種。高温多湿の季節に,おもに乳幼児にみられ,水泡性膿痂疹または伝染性膿痂疹ともよばれる。顔面,軀幹,四肢など全身の一見健康な皮膚面に,突然大小いろいろな水泡がつぎつぎに生じ,すぐに破れて糜爛(びらん)面となり痂皮(かさぶた)がつく。新生児剝脱(はくだつ)性皮膚炎,ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群などは飛火の重症型と考えられている。虫刺症,汗疹(あせも),湿疹性病変を搔破(かきこわすこと)して生じた傷に原因菌が感染して始まることが多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

とび‐ひ【飛火】

〘名〙
① 火の粉が飛び散ること。また、その火の粉。〔字鏡集(1245)〕
※日本読本(1887)〈新保磐次〉四「焔は天を焦し、飛び火は八方に散る」
② 火災のとき、火の粉が飛んで、離れた場所に燃えうつること。
※塩原多助一代記(1885)〈三遊亭円朝〉四「見付を越して両国へ飛火致し」
③ 事件などが、関係がないと思われていた人や所に及ぶこと。また、病気などが体の他の部分に移ること。
※茶話(1915‐30)〈薄田泣菫〉独逸帝国の予言「仏蘭西(フランス)の二月革命から飛火(トビヒ)した伯林(ベルリン)暴動に対するその態度が」
④ 伝染性膿痂疹または水疱性膿痂疹の俗称。夏季に小児に好発し、皮膚の不潔、湿疹・あせもなどが誘因となって、皮膚上に水ぶくれや発疹などを生じる。主に黄色ブドウ球菌によって起こるもので、この菌が健康な皮膚につくと、他の箇所にも他人にも伝染するので、この名がある。
※言継卿記‐永祿一二年(1569)五月一〇日「陽春院之茶々飛火四十日計被相煩云々」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android