コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自己分解 じこぶんかいautolysis

翻訳|autolysis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自己分解
じこぶんかい
autolysis

生物の死後,細胞組織が自己のもつ分解酵素によって分解する現象。特に,細胞内プロテイナーゼ(カプテシン。→蛋白質分解酵素)の働きによる蛋白質分解は顕著であるが,これら自己分解酵素の出所の大きな源はリソソームの内容物と考えられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

じこぶんかい【自己分解】

細胞や組織が、自己のもつ酵素によって分解されること。自己消化。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

自己分解
じこぶんかい

細胞や組織が死んだり破壊されると、その構成物質が細胞のもつ加水分解酵素群によって分解される現象で、自己消化ともいう。これらの加水分解酵素の大部分は、リソゾームとよばれる細胞内小器官に存在し、他の細胞構成物質から隔離されているが、細胞が死ぬと、リソゾーム膜が壊れて加水分解酵素が細胞質中に遊離する。リソゾームに存在する加水分解酵素にはカテプシン、ヌクレアーゼ、フォスファターゼ、エステラーゼその他があり、酸性pHで作用する。たとえばカエルの変態にみられるオタマジャクシの尾の吸収現象の一部は、尾を構成する細胞の自己分解によるとされ、チロキシンの作用でリソゾーム酵素が細胞質中へ放出されると考えられる。[嶋田 拓]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

自己分解の関連キーワードアガリクス(アガリクス・ブラゼイ・ムリル)ベニテングタケ(紅天狗茸)オートリシスホルバート

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android