コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自己分解 じこぶんかいautolysis

翻訳|autolysis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自己分解
じこぶんかい
autolysis

生物の死後,細胞組織が自己のもつ分解酵素によって分解する現象。特に,細胞内プロテイナーゼ(カプテシン。→蛋白質分解酵素)の働きによる蛋白質分解は顕著であるが,これら自己分解酵素の出所の大きな源はリソソームの内容物と考えられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

じこぶんかい【自己分解】

細胞や組織が、自己のもつ酵素によって分解されること。自己消化。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

自己分解
じこぶんかい

細胞や組織が死んだり破壊されると、その構成物質が細胞のもつ加水分解酵素群によって分解される現象で、自己消化ともいう。これらの加水分解酵素の大部分は、リソゾームとよばれる細胞内小器官に存在し、他の細胞構成物質から隔離されているが、細胞が死ぬと、リソゾーム膜が壊れて加水分解酵素が細胞質中に遊離する。リソゾームに存在する加水分解酵素にはカテプシン、ヌクレアーゼ、フォスファターゼ、エステラーゼその他があり、酸性pHで作用する。たとえばカエルの変態にみられるオタマジャクシの尾の吸収現象の一部は、尾を構成する細胞の自己分解によるとされ、チロキシンの作用でリソゾーム酵素が細胞質中へ放出されると考えられる。[嶋田 拓]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

自己分解の関連キーワードアガリクス(アガリクス・ブラゼイ・ムリル)ベニテングタケ(紅天狗茸)オートリシスホルバート

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android