コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自然葬 しぜんそう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自然葬
しぜんそう

墓地に埋葬せず自然に回帰させる葬礼の方法。広義では土葬風葬水葬鳥葬などを含むが,日本では散骨(野山や海に遺骨をまく行為)をさすのが一般的。江戸時代檀家制度によって庶民が墓をもつようになり,明治時代後期には一つの墓に何人も入る現在の状態が一般化された。1948年に制定された墓地・埋葬等に関する法律や刑法の遺骨遺棄罪によって,長い間散骨は違法とみなされていた。しかし1991年に「葬送の自由をすすめる会」が発足。死者を葬る方法は,故人の遺志と遺族の意思によって自由に決められなければならないとする「葬送の自由」の気運が高まった。それに対し関係省庁が容認する見解を示して以降,散骨は節度をもって行なえば違法性がないと考えられるようになり,希望者が増加した。自然葬が望まれる背景には,墓地用地の不足,墓地造成による環境破壊などの問題もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しぜん‐そう〔‐サウ〕【自然葬】

墓などを建てず、火葬後に砕いて粉状にした遺骨を山や海にまいて自然に還ることを願う葬法。→散骨樹木葬

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しぜんそう【自然葬】

散骨などにより、自然に回帰しようとする葬儀。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

自然葬の関連情報