樹木葬(読み)ジュモクソウ

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

樹木葬

墓石の代わりに樹木墓標とし、墓地として許可を受けた場所に埋葬する。埋葬のたびに区画ごとに苗木を植栽する型やシンボルツリーの周囲に複数埋葬する合葬型などがある。自然・節約志向が支持され、全国各地に広がっている。    * 「ぐるり東海」では東海3県のさまざまな地域の話題を順次、短期集中的にお届けします。今回の舞台は、名古屋市ベッドタウンとして発展著しい長久手市です。記者が連日通い、話題を掘り起こします。随時掲載します。

(2015-12-05 朝日新聞 朝刊 岐阜全県・2地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

葬儀辞典の解説

樹木葬

岩手県一関市の祥雲寺住職・千坂氏が、99年11月より始めた新しい埋骨の方法。樹木葬では、遺骨散骨する時のように細かくしないで、形状をとどめたまま直接里山の土中に埋めます。埋めた場所には墓標として、山ツツジ・山ドウダン・紫陽花などを植えます。

出典 葬儀ベストネット葬儀辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

じゅもくそう【樹木葬】

遺骨を土中に埋め、墓標の代わりに樹木を植える葬礼。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

樹木葬
じゅもくそう

遺骨を山林の樹木の根元に埋めたり、墓地の墓石の代わりに樹木を植えたりする埋葬の形。樹木を植える場合は植樹葬ともいう。里山の土地を一部購入し、その場所に埋葬と植樹をする里山型と、シンボルツリーを植え、根元周辺の土地を区画に分けて個別埋葬もしくは合葬する都市型とに分けることが多い。
 墓地や埋葬については、「墓地、埋葬等に関する法律」(昭和23年法律第48号)がある。これを補うために各都道府県が自治体条例を定めており、条例では、地方公共団体か宗教法人が運営する墓地以外の場所に遺骨を埋葬することは禁じられている。この条例の定める範囲内で可能な樹木葬を1999年(平成11)に考案したのが、岩手県一関市にある祥雲寺(しょううんじ)の住職であった。祥雲寺は永代供養の墓地区画として遺骨を雑木林に埋葬し、その上に木を植える方法で樹木葬を可能にした。当初は里山再生のために考案された方法で、その雑木林づくりと墓地を一緒にした樹木葬墓地という考え方が広く支持された。その後、全国的に広がりをみせ、公営の霊園内に樹木葬墓地を設ける自治体も増えている。
 東京都公園協会は、2012年(平成24)7月に「樹林墓地」の募集を開始した。これは都市型の樹木葬を行う共同墓地で、遺骨は樹木が植えられた地面の下に設置された深さ2メートルの筒に埋葬される。この筒は底が土とつながっており、埋葬から長い時をかけて土にかえるという仕組みになっている。都立小平霊園(小平・東村山・東久留米市)の樹林墓地の募集には、500体の予定に対して8000を超える応募があり、同様の形の共同墓地が全国的に広がると見込まれている。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

樹木葬の関連情報