自筆証書遺言(読み)じひつしょうしょいごん

  • じひつしょうしょいごん〔ヰゴン〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

普通方式の遺言の一つで,遺言者がその全文・日付・氏名を自書し押印をなすことによって作成される (民法 968) 。簡便な方法であり,遺言書作成の事実も内容も秘密にすることができるが,保管に注意しないと証書の毀滅や改変の危険があるという欠点もある。 (→遺言証書 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

民法で規定されている普通方式の遺言の一。遺言者本人だけで作成できる遺言書。遺言の全文と日付を遺言者が自筆で書き、署名押印する。ワープロ・代筆・録音等によるものや、日付や訂正方法など書式に不備があるものは無効となる。遺言を執行する際には家庭裁判所検認を受ける必要がある。→公正証書遺言秘密証書遺言

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の自筆証書遺言の言及

【署名】より

…もっとも,この方式はさまざまなかたちで緩和されている。遺言者の自署押印(ことに自筆証書遺言の場合,民法968条)は,自署に重点があり,氏名を代書した遺言書は無効であるが,押印は拇印でも花押でもよいと解されている。不動産登記申請書への申請人の自署捺印(不動産登記法36条1項)は捺印に重点があり,官公署の印鑑証明のある印章を要求されることがある(不動産登記法施行細則44条,44条ノ2)が,その反面,自署は実務上厳守されていない。…

【遺言】より

…民法の定める遺言には,次の種別があり,それぞれにその方式が定められている。まず普通方式として,自筆証書遺言,公正証書遺言,秘密証書遺言がある。次に特別方式として,危急時遺言と隔地者遺言があり,前者は死亡危急者遺言と船舶遭難者遺言の別があり,後者は,伝染病隔離者遺言と在船者遺言の別がある。…

※「自筆証書遺言」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

自筆証書遺言の関連情報