コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

興行場法 こうぎょうじょうほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

興行場法
こうぎょうじょうほう

昭和 23年法律 137号。興行場経営公衆衛生に害を及ぼすおそれのないよう規制する法律。この法律で興行場とは,映画,演劇,音楽,スポーツ,演芸または見せ物を公衆に見せ,聞かせる施設をいう。興行場の経営は都道府県知事の許可を要し,営業者と入場者には場内を清潔に保つ義務を課し,その違反には刑罰を科している。営業許可の取消しまたは営業停止は公開による聴聞を行わなければならない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

興行場法【こうぎょうじょうほう】

公衆衛生の観点から,映画,演劇,音楽,スポーツなどを一般に公開する施設(興行場)について規制する法律(1948年)。興行場経営を都道府県知事の許可制とし,また入場者,営業者,防火や建築基準上からの設備などの取締りを規定している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうぎょうじょうほう【興行場法】

公衆衛生の見地から興行場に対する規制を定めた法律(1948公布)。興行場とは,映画,演劇,音楽,スポーツ,演芸または観せ物を,公衆に見せたり聞かせたりする施設(映画館,劇場,音楽堂,野球場その他の運動競技場,演芸場および観せ物場)をいい,各種展覧会,公営の動植物園,博物館等は含まれない。第2次大戦前,興行場に対する規制は,公衆衛生のみならず風紀や保安も含めた行政警察的見地から,警察命令に基づき各都道府県がそれぞれ行っていたが,戦後は新憲法の趣旨をふまえ,こうした規制は法律で行うべきであるとの観点から,本法が制定され,もっぱら公衆衛生上の見地からその規制を定めることとなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

興行場法の関連キーワード建築物衛生建築法規興行権入場税

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

興行場法の関連情報